So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場
前の3件 | -

必ず最初に解雇すべきタイプの人材 [日記]

・バーバラ・コーコラン氏は不動産業界の大物、2001年、自身の会社コーコラングループ(Corcoran Group)を6600万ドル(約74億円)で売却した。
・同氏は文句ばかり言う社員に対して我慢する必要はないと語る。
・いつの間にか周りの人のエネルギーを奪ってしまうからだ。

バーバラ・コーコラン(Barbara Corcoran)氏は、彼らを「泥棒」と呼ぶ。そして同氏は、会社で彼らに対して決して我慢しなかった。

コーコラン氏は不動産業界の大物。2001年、自身の会社を6600万ドルで売却した。

Business Insiderのポッドキャスト「Success! How I Did It」で同氏は「泥棒」、すなわち文句ばかりを言う人を排除したことが会社を成功させる鍵だったと語った。

「会社の中で文句を言ったら、週末を待たずに解雇した。私の未熟さを攻撃しているように思えたから」

文句を言う人を表す言い方はいろいろあるが、組織に害を与えるという点は共通している。

Inc.の記事でジェイソン・デマーズ(Jayson DeMers)氏は「犠牲者」を常に解雇すべきと語った。

「このタイプの人は、自分の行動に責任を持たない。悪い状況を他人のせいにする。いつも言い訳を用意している。彼らがいなくなっても、同僚は気にしない。むしろ、常に文句を言っている人がいると、周りも犠牲者意識を持ち始めてしまう」

またケビン・ダウム(Kevin Daum)氏もInc.で「アトラス」を追放することを勧めている。

「世界中の問題がこのタイプの人の肩にかかっている。誰よりもハードに働き、誰よりも多くの困難と向き合っている。皆がそれを知っている。なぜなら、その話ばかりするからだ。彼らは自分が直面している問題や周りの人の無能さ、そして、日々の責任がどれほど大変なものかについて執拗に語る」

コーコラン氏は、文句を言う人を排除する理由をシンプルに説明した。

「ネガティブな人が1人いることで、15人の素晴らしい人たちのエネルギーがいつの間にか失われる」と同氏。

「それが、私が彼らのことを泥棒と呼ぶ理由。彼らは、動いてみるということをしない。そして、いつの間にかあなたに害を与えている」

共通テーマ:仕事

亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円 [日記]

インターネットテレビ局Abema TVは、2018年1月1日(月)に 『AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負』を生放送することを発表したそうです

 この番組は元プロボクサー・亀田興毅ら率いる“亀田一家”が3大勝負として、興毅の弟で元プロボクサー・亀田大毅、プロボクサー兼YouTuber・ジョーブログ、亀田三兄弟の従兄弟にあたるプロボクサー・亀田京之介の3人が人生をかけた戦いに挑む様子を生放送するもの。

 亀田大毅は「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」として、今年5月にAbemaTVにて放送された特別番組『亀田興毅に勝ったら1000万円』の続編に挑戦。大毅が「兄ちゃんも頑張った、弟(亀田和毅)は世界で戦っている。自分が出来ることは何か考えてチャレンジしたいと思った」と決意したことから実現。「サラリーマンでも腕自慢のタレントでも誰でもかかってこいや!」と大毅は意気込んでいる。

 さらに同企画の前には、別途開催されるプロボクシングの興行で、ジョーブログと亀田京之介のプロデビュー戦を生中継する。

『亀田興毅に勝ったら1000万円』の挑戦者として登場したジョーブログは、番組後に興毅に見初められプロボクサーになることを決心。YouTuberを続けながらも今年7月クールにAbemaTVにて放送されたレギュラー番組『亀田×ジョー プロボクサーへの道~3ヶ月でデビュー戦~』にて、興毅の熱心な指導のもとプロボクサーを目指し、たった3カ月で見事プロテストを合格した。そんなジョーブログのプロデビュー戦を生中継。

 また、『亀田×ジョー プロボクサーへの道~3カ月でデビュー戦~』にも度々登場し、「絶対に『亀田三兄弟』を超える」と豪語する亀田三兄弟の従兄弟・京之介のプロデビュー戦の様子も生中継される。

共通テーマ:テレビ

宮沢りえ 森田剛 [芸能]

宮沢りえ(44)が、これまで写真を投稿してきたInstagramのアカウントを削除したようです

宮沢が交際しているV6森田剛(38)のファンの一部が、インスタのコメント欄に誹謗中傷を書き込み続けたことが閉鎖の理由ではないかと憶測が飛び交っているそうです

宮沢は11月30日に最後の投稿をしていた。
「このインスタを始めてどのくらいだったのかな。普段、ファンの方と触れ合う機会が少ない私なので、こういう場を通して共有できる何かがあれば良いな。。と思って。。。」
「私は美しい言葉が好きです。美しい言葉に触れると幸せな気持ちになるし、心が前向きになれるから。私がインスタを初めたきっかけは、そういう想いでした」
「今まで見て下さった皆様、ありがとう。みなさんのコメントに励まされたり微笑んだり楽しい時間でした。そしてその逆に不快な思いをさせてしまった方達、ごめんなさいね。。。そんな皆さんの言葉からも学ぶべきものがありました。人には様々なも想いや言葉や感情が溢れていることを改めて知ることが出来ました。感謝です」
「私はこれからも、演じるという事を通して希望も絶望も表現できる役者を目指して、頑張ろうと想います。求めてくださる方がいたら、劇場で待っています。。。そこで心から分かち合うことが、私には1番合っているような気がします。。。今日も笑顔で過ごせますように。。。今まで本当に本当にありがとう」

宮沢りえは2009年に元プロサーファーで実業家の男性との婚約と妊娠を発表、5月に長女が誕生したが12年には離婚協議に発展し、長く争ったが昨年3月にようやく離婚が成立。そして昨年10月、同8月上演の舞台「ビニールの城」で共演した森田と真剣交際中であることを「週刊新潮」(新潮社)が報じると、続けて「女性自身」(光文社)が二人きりでのラブラブ沖縄旅行をスクープした。東京都内でも、機内および沖縄でも、二人は人目をはばからず寄り添っていたという。変装もせず、多数の目撃者がいても気にとめない様子の彼ら、交際を隠すつもりはまったくなかったようだ。

交際スタートしてすぐの盛り上がりが最高潮に達する時期とはいえ、週刊誌記者に追われていた数日間、彼らは常に一緒にいた。昨年10月22日夜、代官山蔦谷でのデートを経て、宮沢りえ宅に森田がお泊り。翌23日午後には、森田の出演ライブを宮沢は娘と関係者席で鑑賞。24日午後に沖縄へ向かい、少なくとも27日までは沖縄でふたりきりだった。

そして昨年11月、宮沢がインスタにUPした一枚の写真から、一部の森田ファンがインスタに張り付くことになった。宮沢がUPした写真に、スマートフォンをいじる男性らしき人物の手が左側に写りこんでいたのだが、「左に写る手は森田剛さんですか?」「綺麗な写真で素敵ですけど剛くんの手だってすぐ分かります」とコメント欄に突撃するファンが出始めたのだ。これに対し、宮沢はコメント欄で「友人である、繰上和美さんというカメラマンさんの手なんだけどなぁ。。。」と釈明。工藤静香や木村拓哉とも親しい、業界の権威的な有名写真家の手だったという。

今年2月のバレンタインデーには箱根旅行も報じられた。どこへ行くにも一緒だという二人、8月には表参道のヘアサロンで一緒に髪を整え、路面で宮沢をハグし手をつないで歩いていく森田の姿をまた週刊誌がキャッチ。交際は順調そのもので、森田は宮沢宅から徒歩5分以内の超高級マンションに入居したという。同じく8月、宮沢がインスタにUPしたショートカットのセルフィーが「森田剛くんみたい」と話題に。「カップルって似るんだな」等の感想が寄せられていた。11月から公演中の森田主演舞台『すべての四月のために』も、劇場で宮沢と娘が観覧していたとの目撃情報がSNSで拡散中だったが……堂々とした交際ぶりに、「いい加減にしてくれ」と苦情を申し立てる森田ファンがいたことは事実。

森田剛にあくまでも「アイドル的存在」であってほしいと願うファンにとっては、二人の交際を応援するどころか、傍観者でもいられなかったのだろう。宮沢のインスタコメント欄に直接、嫌味や悪口を書き込むことは、森田を貶めることとイコールでもあるのだが、それでも止められなかったのだろうか。インスタ閉鎖に至り、V6ファンの間では「一部の森田ファンは恥を知ってほしい」と苦言を呈す者、「わざわざ匂わせまくっていた宮沢りえも悪い」「宮沢りえはインスタはファンとの交流の場というけど、ならば剛くんのファンが集まる劇場になぜ来るのか? 被害者ヅラするな」と宮沢の“交際態度”に非があったと責める者、意見が割れている。森田剛も10代から長くジャニーズアイドルという立場で仕事を続けてきた身であり、堂々交際するスタンスを貫くと一部ファンのおかしな動きを誘発することはわかっていたのではないか……と、森田も批判の矛先のひとつになっている。

ただ、二人が愛し合っているのは間違いないことで、いつ入籍してもおかしくないと見られてきた。もし再婚発表となったら、これまで以上に宮沢のインスタが大荒れすることは間違いないため、先に閉鎖したとも考えられる。ファンがあまりに暴れると、森田のV6としての活動が危うくなる可能性もあるわけで、脱退や解散などはどのファンにとっても一番望ましくないことのはずだ。アイドルである前にひとりの人間だということを尊重し、ファンもグッと大人にならなければいけないのではないだろうか。

共通テーマ:芸能
前の3件 | -
SEO対策テンプレート