So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は [芸能]

日曜9時ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)で、ついに長瀬智也くんが吉岡里帆とキスをしました。
そのため、放送直後からジャニヲタがわいているそうです

『ごめん、愛してる』第3回放送、ラスト5分で急にキスシーンがやってきました。長瀬くん演じる律が、母親に一度も愛されてこなかった悲しみからか、凛華(吉岡里帆)に膝枕と子守唄を歌えと命令。
このとき、長瀬くんは子守唄を聞いて涙を流し、少年のようなピュアさを視聴者に振りまきます。しかし、急に起き上がったかと思うと、いきなり吉岡里帆の唇を奪ったのです。

不意を突かれた人も多かったのか、ファンからは多数の歓喜の声が。

キスの直前まで、子どものような寝顔で子守唄を聞いていた長瀬くん。それが一転してエロい空気を醸し出したキスシーン。
なにがエロさの決め手だったのでしょうか? ファンの声をさらに見てみると…

頬を大きな手で覆うところや、うなじに手を添える振る舞いなど、多くの視聴者が長瀬くんの「手」を絶賛しているのです。

これについてジャニヲタ(30代・会社員・長瀬ファン)に聞いてみると…
「ごく一般的なジャニヲタは、華奢で細マッチョなタイプが好きな場合が多いです。だから指も細くて白いとか、女の子みたいなきれいな指が好きといった声が多く上がります。
でも、あえて長瀬くんを推してるジャニヲタは違う。筋張った、大きい長瀬くんの手が好きだという人も多いんですよ」
とのこと。
このドラマは長瀬くんと血がつながった、母も弟もピアニストという設定。いつか、長瀬くんが大きな手でピアノを弾く場面もあるのか? 今から楽しみですね


共通テーマ:テレビ
SEO対策テンプレート