So-net無料ブログ作成
検索選択

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

芦田愛菜 笑福亭鶴瓶 怪盗グルーのミニオン大脱走 [芸能]

笑福亭鶴瓶(65)が31日、地元の兵庫県西宮市で、吹き替え出演した米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の舞台あいさつに出席した。主人公グルー役の鶴瓶は娘役で共演した芦田愛菜(13)に語彙(ごい)力で“完敗”を認めたようです

 鶴瓶と芦田は「怪盗グルー」シリーズ1作目から共演。当時、芦田は5歳だった。鶴瓶は「ランドセルを買ってあげる言うていたら、ランドセルのCMにようさん出ていた」と“失敗談”を懐かしそうに振り返った。

 最近では会話の語彙(ごい)の豊富さにタジタジになる場面も。「完全に抜かされましたね。しゃべっている言葉が漢字が多い。すごいですよ」と成長スピードに驚いた。

 地元・西宮での舞台あいさつに鶴瓶は「西宮にはもう三十数年、住んでます。ほぼここで生まれたって言うてます」。劇中では関西弁のまま演技をしており、日本でグルーの声といえば鶴瓶といったイメージが定着してきた。テレビの番組ロケでも「子どもがグルーって言って寄ってくる。声で覚えているんやね。この子らが成長してもずっと覚えてくれている。ほんま、ええ仕事についたわ」としみじみと語った。舞台あいさつにはプロ野球阪神タイガースの球団公式マスコット「トラッキー」もゲストとして駆けつけたようです

共通テーマ:映画
SEO対策テンプレート