So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

トヨタ C-HR [車]

国内外の自動車メーカーがスポーツ用多目的車(SUV)を日本市場で相次ぎ投入している。トヨタ自動車は28日、新型の小型SUV「C-HR」を年末に発売すると発表。英ジャガー・ランドローバーや独アウディも新モデルを立て続けに売り出した。各社は素材の改良やハイブリッド車の設定で燃費を良くしたり、個性的なデザインを採用したりすることで差異化につなげ販売の拡大を目指す

 トヨタはC-HRの日本仕様について、ガソリンエンジン・電気モーターを組み合わせた1・8リットルのハイブリッド車と、1・2リットルのターボエンジン搭載車を用意した。価格は未定。まず11月上旬から同社公式サイトで先行予約を始め、12月中に売り出す予定という

 外装は彫刻的なダイヤモンド形状を採用して、とがったイメージを演出。歩行者検知機能が付いた衝突回避支援システムを標準装備するなど安全性も高めた。

 トヨタによれば、国内の小型SUV市場は、ここ4~5年間で約2倍に拡大したという。マツダの「CX-3」や「CX-5」、ホンダの「ヴェゼル」などが押し上げており、トヨタも安定需要が見込めると判断して、国内投入を決めた。

 一方、車両価格が500万円を超える高級SUVで勝負をかけるのが海外勢。子育てを終えた世代や富裕層などをターゲットに見据えているためだ。

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーブランド初のSUV「F-PACE(ペイス)」の受注を6月から開始。軽量化で走行性能を高めたのが特徴という。アウディジャパンが9月に全面改良して発売した「A4 オールロード クワトロ」も走りにこだわっており、路面状況などに応じて前輪駆動と四輪駆動が自動で切り替わる。

 一方、電気自動車(EV)のSUV「モデルX」を9月に投入したのが米EVメーカーのテスラ・モーターズだ。最上級モデルでは1回の充電で最大542キロ走れるなど長い航続距離が特徴。日本法人のニコラ・ビィレジェ社長は「輸入車のSUVで5%のシェアを取りたい」と意気込んでいるようです

共通テーマ:自動車

演技がうまいと感じる女優は? [芸能]

演技がうまいと感じる女優は?

第5位:二階堂ふみ

園子温監督の映画『ヒミズ』では、第68回ベネチア国際映画祭の新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を獲得。さらに、映画『私の男』では、第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞に選ばれています。
「雰囲気がある女優だと思う。泣く演技が最高!」、「可愛さと大胆な演技が好き。若いのに“人間の闇”を表現する演技に圧倒される」といった声を集めました

しかし意外にも役作りは「特にしない」と、『スポニチアネックス』のインタビューで明かしています。
そんな二階堂ふみは、幼い頃より、映画好きの母の影響で膨大な数の映画を見て育ち、映画女優を志したそう。憧れの女優は、『二十四の瞳』など数々の名作に主演した大女優・高峰秀子。
若い世代にはピンとこないかもしれませんが、日本映画が黄金期だったと言われる白黒映画の時代に国内外の映画賞を多数受賞した名女優のひとりです

そんな名優たちの演技の記憶が、二階堂ふみの引き出しにいっぱい詰まっているのかもしれませんね

第4位:高畑充希

子どものころから舞台女優を目指していた高畑充希は、舞台や芸能事務所のオーディションを受けて数十回も落ちた過去があるそう
しかし2005年、中学在学中にホリプロ創業45年を記念した舞台『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 ~屋上の天使』のオーディションで9,621人の中から主演の座を獲得。デビューを果たします
最近の代表作は、やはり朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK総合)。「目の演技が素晴らしくて惹きつけられる」、「舞台調の演技でオーバーという声もあるけど、上手」といった声が上がりました
2007年からの6年間は、ミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパンを務めるなど、デビューからずっと舞台で経験を積んできた高畑充希。そうした経験こそが、高い演技力の秘密かもしれませんね

第3位:石原さとみ

“あざと可愛い”女優の代名詞のように言われ、外見が評価されがちな石原さとみですが、その演技力を評価する声も多いよう
過去に行われたさまざまなインタビュー記事を読むと、役作りにはかなり熱心に取り組んでいることが分かります
例えば、映画『進撃の巨人』ではアニメ版の声優に細かく取材をして役を組み立てたそう。また、場合によっては役作りのために他の出演者とあえて距離を置くケースもあるそうです
「『進撃の巨人』では、石原さとみが一番シゴトしてた」、「ぶりっこ演技と言われるのは、役のせい。表情の作り方がうまいと思う」といった称賛の声が集まりました
どうしても見た目の可愛らしさが注目されがちですが、売れっ子になる理由には、演技に対する真摯な姿勢があるからと言えそうです

第2位:井上真央

主演映画『八日目の蝉』では、第35回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得するなど、着実に演技派女優の道を歩んでいる井上真央
恋愛関係が噂される嵐の松本潤と共演したドラマ『花より団子』(TBS系)、映画『花より男子ファイナル』も話題になりましたね
「いつも表情に惹きつけられる。セリフも生き生きとしていると思う」、「太陽みたいな笑顔が印象的だけど、子役時代から演技力も高い!」といった声を多数集めました
そんな井上真央は、明治大学の文学部演劇学専攻で、卒論には世界の巨匠・小津安二郎監督や黒澤明監督の作品などにも登場した昭和の大女優・杉村春子を取り上げるほどの芝居好きなのだとか
第5位の二階堂ふみ同様、偉大な先輩女優を目標に日々仕事に取り組んでいるからこそ、見事な演技ができるのかもしれませんね

第1位:沢尻エリカ

栄えある第1位には、沢尻エリカが選ばれました。

映画の舞台挨拶で「別に」と発言したあの事件以来、世間から大バッシングを受けていた時代もありましたが、映画『パッチギ!』、『ヘルタースケルター』、ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)など代表作も多数。
『パッチギ!』では第29回日本アカデミー賞の新人俳優賞、『ヘルタースケルター』では第36回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞などを獲得しています
「『ヘルタースケルター』でバストを惜しげもなく露わにする女優魂がすごかった」、「若手の中では存在感が違う」など、かなりの高評価
そんな沢尻エリカについて、共演経験のある綾野剛が『Yahoo! Japan映画』のインタビューで、「現場で徹底して役に入り込むため、共演者すら戸惑う瞬間がある」と明かしています。共演した映画『新宿スワン』では、新宿・歌舞伎町の路上をけがを気にせず素足で走るシーンの沢尻エリカの全力ぶりを絶賛していました
そうした役に没頭する姿勢が、圧倒的な演技を生んでいるのかもしれませんね

以上、最も演技がうまいと感じる20代の女優をランキング形式で紹介しました
ちなみに6位は黒木華(30票)、7位は有村架純(28票)が選ばれていました

共通テーマ:芸能

海老蔵 石川五右衛門 [芸能]

歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が27日、都内で行われた自身が主演するテレビ東京系の時代劇「石川五右衛門」(10月14日スタート、金曜、後8時)の取材会に出席した。出来栄え、面白さに自信があるようで、妻で闘病中の小林麻央も第1話を見て「ゲラゲラ笑って」楽しんでいたと語ったそうです

 海老蔵にとって連続ドラマの主演はNHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」以来13年ぶりとなる。物語は豊臣秀吉(國村隼)が天下を取っていた時代、庶民のために悪事を働く大名や商人から財宝を盗み、分け与える大泥棒・石川五右衛門(海老蔵)の活躍を描く。取材会には國村、茶々役の比嘉愛未も出席した。

 主演として「1話を拝見させていただいて、今までにない時代劇だなと率直に思いました」とあいさつ。昨年の12月から今年の夏前まで「とびとびで」撮られたため、仕上がりについて「私もちょっと不安でした」と本音を漏らした。

 しかし、1話を見て「時代劇なのに笑っちゃう。言葉は悪いですけど、こんなにばかばかしい時代劇はないなということで。1話で2時間ぐらいあるんですよね。妻の麻央もずっとそれを見てゲラゲラ笑っておりました」と、内容に手応えをつかんでいる様子だった。

 定番の時代劇にはないような映像編集、ストーリー展開をしているという。どんなシーンで笑っていたのか、と尋ねられると、取材会の冒頭でスタッフが報道陣に求めた「プライベートな質問はやめてください」の言葉を借りて笑いを誘った後、従来の王道的な作品と比較して、「いくらなんでもこんな風にならないだろうみたいな結末とか、そんなに上から降ってくるの?みたいな。どん引きするぐらいのがある。それが面白いんですよね」とアピール。「そういう部分で妻が笑っていたんではないでしょうか。ゲラゲラする部分が、内容でゲラゲラではなくて、映像で『えー?』というやつですね」と妻の反応を思い返していた。

 視聴率について「ちなみに視聴率は3%ぐらいを目標に頑張っていきたいと思います」と控え目に語って笑いを誘ったが、國村は「倍の6%ぐらい、いきたいですけども」と切り返していたそうです

共通テーマ:テレビ

宇多田ヒカル [芸能]

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルが8年半ぶり6枚目のオリジナルアルバム『Fantome』(28日発売)をリリースすることを記念し、全国民放ラジオ101局(AM/FM/短波)で特番『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』が10月11日から随時、放送されることが決定した。単独アーティストの番組が全国101局でオンエアされるのはラジオ史上初となるそうです

 宇多田は1998年、自身が作詞作曲したデビュー曲「Automatic」が全国のラジオ局のパワープレイを数多く獲得したことを機に楽曲の認知を広げ、15歳にして“ミリオンデビュー”。宇多田自身、「アーティストデビューよりもラジオDJデビューのほうが早かった」というほどラジオ好きを自負し、2010年12月からの音楽活動を休止した“人間活動”専念中も2013年4月~翌14年3月まで1年間、InterFMでレギュラー番組『KUMA POWER HOUR』をセルフプロデュースで放送するなど、ラジオと親密な関係性を保ってきた。

 約2年半ぶりに宇多田がラジオ復帰する10月11日は、ネットでラジオが聴ける「radiko.jp」(ラジコ)で過去1週間の番組を聴き直せるタイムフリー聴取機能と、聴いているラジオ番組を手軽に誰かとシェアできる「シェアラジオ」がスタートする日。新機能のサービス開始にあたり、「ラジオの新時代の扉を開けるにふさわしい特別な番組を作りたい」と計画していた日本民間放送連盟ラジオ委員会から宇多田へ白羽の矢が立てられ、特番放送実現に至った。

 番組は約1時間で、9月上旬に都内で収録済み。宇多田本人も番組の制作に対し、並々ならぬ意欲を見せ、選曲や構成はもちろんのこと、タイトルコールやジングル、BGMまですべて本人が制作、プロデュースを手がけた。ニューアルバム『Fantome』に収録された新曲を自らの言葉で惜しみなく紹介する。

 放送日時は放送局によって異なるが、エフエム岩手、ラジオNIKKEI第2、J-WAVE、FM NIIGATA、FM COCOLOの5局が10月11日正午に放送開始するのを皮切りに、10月17日まで各局でオンエアされるようです

■シェアラジオ特別番組『宇多田ヒカルのファントーム・アワー』
放送期間:10月11日(火)正午~10月17日(月)まで ※各局で放送日時異なる
放送局:民放ラジオ101局 ※各局で内容が若干異なる

共通テーマ:音楽

黒柳徹子 [芸能]

黒柳徹子が9月23日、Instagramのアカウントを開設した。さっそく自撮り写真を2枚投稿しており、Twitterなどネットで大きな反響を呼んでいるようです

この日、黒柳は「9月22日(木)『徹子の部屋』のゲスト、福山雅治さんが、『インスタグラムにアップしてみたら……?』ということで」と、番組で共演した福山からの後押しでInstagramを始めたことを明かし、自撮り写真を公開。それは番組でも紹介した「下のつけまつげが取れちゃって、どうしようかな、と思ってるわたし」という“スクープ”写真で、続けて翌24日にも芝居の稽古前に食事をしているところをパチリと撮り、Instagramに投稿した

これにファンからは「素敵です!これからも楽しみにしています」「徹子さんの行動力スゴすぎます」「本当に始められたのですね!」「アップ楽しみにしてます」などの声が続々と寄せられている

また、福山雅治オフィシャルファンクラブのTwitter公式アカウントも、黒柳のInstagramスタートに反応。アカウントへのリンクと共に「徹子さん本当にインスタ始めました。その行動力に感動」とツイートしている

22日の「徹子の部屋」では、黒柳が撮った自身の“スクープ写真”を紹介する流れで、福山が「めちゃくちゃカワイイですね。これ、あの、いわゆるInstagramというですね、僕もやってないんで上手に説明できないんですけども、そういうのに載せたらもの凄く人気になると思います。徹子さん、Instagramやられてはいかがですか?」と提案。これに黒柳も「そうですよね、今度またInstagramについてお話を、教えていただいて…」と前向きな姿勢を示していたそうです

すごい

共通テーマ:芸能

さんまのまんま [芸能]

明石家さんま(61)が司会を務める関西テレビ(カンテレ)の人気長寿トーク番組「さんまのまんま」(土曜後1・56、関西ローカル)が24日、最終回を迎えた。歌手の森昌子(57)が最後のゲストを務め、さんまと軽快なトークを展開。31年半の歴史に幕を下ろしたようです 

関東地区(フジテレビ)は25日午後1時から放送

森の出演は10年ぶり。最終回のゲストは元妻で女優の大竹しのぶ(59)長女でタレントのIMALU(27)、タモリ(71)ビートたけし(69)らが予想され、注目を集めていました

さんまと森は昔からの知り合い。さんまが「うるさいおばちゃんですね」と出迎えると、森は「おじちゃんにおばちゃんって言われたくない」と笑って切り返し、冒頭から遠慮ない“バトル”。長男でロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(28)について話題が及ぶと、森は「中学の終わりくらいに歌を歌いたいと突然言い出したんです」と語った

「まんま」の通称で親しまれた番組は1985年4月にスタート。初回のゲストは女優の榊原郁恵(57)だった。放送回数は1400回以上。さんまの自宅に見立てたセットで、数々の爆笑トークが展開された。関西地区は2009年4月から現在の土曜の昼に移行。関東地区は09年10月から日曜午後1時台に移行した

エンディングは、森と番組キャラクター“まんまちゃん”が「あっち向いてホイ」対決。森が勝利し“まんまちゃん”がゴリラのモノマネを披露。今後は特番として継続するためか、レギュラー放送を終えることには触れず、通常回と変わらぬ形で31年半の歴史に幕を下ろした

10月7日に「さんまのまんま 秋の夜長に旬なあの人たちが勢揃いSP」を放送。フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)俳優の本木雅弘(50)NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に出演中の女優・相楽樹(21)杉咲花(18)らが出演するそうです

共通テーマ:テレビ

オートライト 義務づけ [車]

国土交通省は、暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト」の搭載を、2020年4月以降に売り出される新型車からメーカーに義務づけることを決めた。日没前後の「薄暮」の時間帯に多発する高齢の歩行者らの事故を減らす狙い。10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だそうです

オートライトは、車に搭載されたセンサーが明るさを感知し、自動で点灯、消灯をするもの。日本自動車連盟(JAF)の調査によると、国内ではすでに約3割(14年8月時点)の車にオートライトが搭載されている。ただこれらはドライバーが手動で点灯・消灯を選択もできる。新基準では、昼間や停車中は手動で点灯・消灯できるが、夜間走行中は強制的に自動点灯され、自分で消すことはできなくなる。これにより、暗くて視界が悪くなっているのに、ドライバーが「まだよく見える」と思い込み、点灯が遅れて事故につながるのを防ぐ狙いがある

国交省は、晴天の日の日没15分ほど前の明るさにあたる1千ルクス未満になると、2秒以内に点灯するように義務づける方針。国際的にも安全運転に十分な明るさとされる7千ルクスを超えたら、5分以内に消灯する。1千~7千ルクスで点灯するかどうかはメーカー各社の判断に任せるという。詳細は10月に改正する車の保安基準で規定する方針だ

20年4月より前に発売された車種には適用されないようです

共通テーマ:自動車

Perfume [芸能]

3人組ユニット・Perfumeのかしゆか(27)が21日、大阪市内でFM802の公開収録にゲスト出演したそうです

MCから故郷の広島カープ優勝を祝福されると歓喜し「おめでとうございまーす!カープ」と笑顔で声を張り上げた。集まったファンも拍手を送ったが、阪神ファンが多数派の土地柄だけに、かしゆかは「皆さん、内心はグッとなってるんでしょうね」とニヤリ

広島弁を披露するよう求められると「もう!いけんって言ったじゃろ!」と応じ、「かわいい」と大歓声が起こってたそう

この日はPerfumeの11周年となるデビュー記念日で、メンバー3人が大阪、名古屋、福岡に分かれて10月からのドームツアーをPR。「バラバラでやるのは初めてなんです。(3人で挨拶しないと)なんか、締まりが悪いですね」とほほ笑んでいたそうです

共通テーマ:音楽

「NMB48コンサート2016 [芸能]

NMB48の6周年記念公演「NMB48 6th Anniversary LIVE」(10月18日~19日)に山本彩(23)の出演なしと一部チケット販売サイトで告知された件は誤記載だったことが20日、わかったようです

 当該販売サイトでは18日公演のタイトルを「NMB48コンサート2016 Autumn~いつまで山本彩に頼るのか?リベンジ~」とし、出演者情報で「山本彩以外」などとと記載。すでに一般先行抽選が開始されており、ネット上で入金を済ませたファンを中心に困惑の声が広がっていた

 NMB公式サイトは20日、「10/18、19日に開催を予定しております『NMB48 6th Anniversary LIVE』について、一部チケット販売サイトにおきましてタイトルおよび出演者情報に誤表記がございました。正式なタイトルは発表しております通り『NMB48 6th Anniversary LIVE』となります。また18日公演、19日公演の両日、全メンバー出演予定です。訂正をさせていただきます」と発表。「チケットをご購入いただきました皆様、ご購入予定の皆様に混乱をお招きいたしまして誠に大変申し訳ございませんでした」と謝罪した

 また、山本も同日、自身のツイッターで「誤表記のようで申し訳ない。。 2日間とも出ますよ」とコメントしたそうです

共通テーマ:音楽
SEO対策テンプレート