So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

芦田愛菜 笑福亭鶴瓶 怪盗グルーのミニオン大脱走 [芸能]

笑福亭鶴瓶(65)が31日、地元の兵庫県西宮市で、吹き替え出演した米アニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」の舞台あいさつに出席した。主人公グルー役の鶴瓶は娘役で共演した芦田愛菜(13)に語彙(ごい)力で“完敗”を認めたようです

 鶴瓶と芦田は「怪盗グルー」シリーズ1作目から共演。当時、芦田は5歳だった。鶴瓶は「ランドセルを買ってあげる言うていたら、ランドセルのCMにようさん出ていた」と“失敗談”を懐かしそうに振り返った。

 最近では会話の語彙(ごい)の豊富さにタジタジになる場面も。「完全に抜かされましたね。しゃべっている言葉が漢字が多い。すごいですよ」と成長スピードに驚いた。

 地元・西宮での舞台あいさつに鶴瓶は「西宮にはもう三十数年、住んでます。ほぼここで生まれたって言うてます」。劇中では関西弁のまま演技をしており、日本でグルーの声といえば鶴瓶といったイメージが定着してきた。テレビの番組ロケでも「子どもがグルーって言って寄ってくる。声で覚えているんやね。この子らが成長してもずっと覚えてくれている。ほんま、ええ仕事についたわ」としみじみと語った。舞台あいさつにはプロ野球阪神タイガースの球団公式マスコット「トラッキー」もゲストとして駆けつけたようです

共通テーマ:映画

長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は [芸能]

日曜9時ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)で、ついに長瀬智也くんが吉岡里帆とキスをしました。
そのため、放送直後からジャニヲタがわいているそうです

『ごめん、愛してる』第3回放送、ラスト5分で急にキスシーンがやってきました。長瀬くん演じる律が、母親に一度も愛されてこなかった悲しみからか、凛華(吉岡里帆)に膝枕と子守唄を歌えと命令。
このとき、長瀬くんは子守唄を聞いて涙を流し、少年のようなピュアさを視聴者に振りまきます。しかし、急に起き上がったかと思うと、いきなり吉岡里帆の唇を奪ったのです。

不意を突かれた人も多かったのか、ファンからは多数の歓喜の声が。

キスの直前まで、子どものような寝顔で子守唄を聞いていた長瀬くん。それが一転してエロい空気を醸し出したキスシーン。
なにがエロさの決め手だったのでしょうか? ファンの声をさらに見てみると…

頬を大きな手で覆うところや、うなじに手を添える振る舞いなど、多くの視聴者が長瀬くんの「手」を絶賛しているのです。

これについてジャニヲタ(30代・会社員・長瀬ファン)に聞いてみると…
「ごく一般的なジャニヲタは、華奢で細マッチョなタイプが好きな場合が多いです。だから指も細くて白いとか、女の子みたいなきれいな指が好きといった声が多く上がります。
でも、あえて長瀬くんを推してるジャニヲタは違う。筋張った、大きい長瀬くんの手が好きだという人も多いんですよ」
とのこと。
このドラマは長瀬くんと血がつながった、母も弟もピアニストという設定。いつか、長瀬くんが大きな手でピアノを弾く場面もあるのか? 今から楽しみですね


共通テーマ:テレビ

錦織圭 観月あこ [スポーツ]

ウィンブルドン3回戦敗退からわずか5日後の7月12日。錦織圭(27)は慶応大学日吉キャンパスのコートをひそかに訪れていた。待っていたのは、錦織が姉のように慕う伊達公子(46)。錦織はラリーを延々と続け、額や首筋からは大粒の汗が流れていたという。

そんな錦織をよそに、近くの駐車場では意外な光景が。1,100万円もする高級外車ジャガーの後部座席で、恋人・観月あこ(25)がひとり涼んでいたのだ。ときどき車から出て練習の様子を見に来るが、あまりの暑さからすぐ車内へ戻っていく。ミニワンピースにハイヒールという装いの彼女は、あきらかにこの日の練習場内でも浮いていた――。

今季はケガが相次ぎ、優勝に手が届かない錦織。世界ランキングも現在8位と低迷している。そんな彼のそばには、いつも観月の姿があった。15年7月に交際が報じられてから2年。結婚秒読みとも噂されるなか、観月の“奔放すぎるふるまい”も取り沙汰されてきた。

「5月末のジュネーブオープンに同行した際、観月さんは70万円ほどもするFENDIの高級バッグを購入していました。先日帰国した際も、4~5人の友人を引き連れて築地の高級すし店へ。会計は10万円を超えたそうですが、彼女が平然とブラックカードで精算したといいます。宿泊先は超高級ホテルですし、移動の飛行機はもちろんファーストクラス。これらもすべて錦織選手が用意してあげているようです」

だが錦織と交際して以来、観月はほとんど仕事らしい仕事もしていない。セレブぶりは今回の帰国でも同じ。冒頭の練習翌日の7月13日、都内の超一流ホテルに観月の姿があった。

「錦織選手はスイートルームに宿泊していました。1泊約20万円で2週間ほど滞在していたといいますから、部屋代だけで280万円。ルームサービスも含めれば、300万円以上かかったはずです。とはいえ錦織選手は練習やイベントなどで大忙しだったため、ほとんど出ずっぱりの毎日だったでしょうね」

正午過ぎ、観月がフロントへと降りて来た。しばらくすると、友人らしき女性と合流して戻ってきた観月。スイートルームに戻るのだろう。「こっち、こっち!」と言わんばかりの得意げな表情で、エレベーターへと乗り込んでいった。

さらに7月17日にも午前中から慶大キャンパスを訪れていた錦織。その横には、やはり観月の姿が。練習後には、送迎用のワゴン車が用意されていた。錦織が乗り込むと、観月が続く。車をゆっくり走らせること1時間半、一行は都心から外れた街の駐車場へ。人目を気にしてかここでジャガーへ乗り換えると、運転手付きの愛車は再び都心へ走り出した。

「このあたりはもともと観月さんの生活圏。知り合いも多く、近くには彼女が懇意にしている占い師もいます。わざわざ訪れたのも、観月さんが錦織選手を知人に紹介したかったのかもしれませんね」

共通テーマ:スポーツ

宮根誠司 プロレスデビュー [スポーツ]

フリーアナウンサーの宮根誠司(54)が23日、東京・品川プリンスホテル・クラブexで開催されたワールド女子プロレス・ディアナ主催「CRYSIS興行 第3弾」に出場し、54歳で迎えたプロレスデビューを飾った。18分52秒の攻防を繰り広げ最後はギブアップ負け。それでも、夢舞台に立ち「いかに、痛くてきつくて奥深いか実感させていただきました」と額の汗を輝かせたようです

 ジャガー横田(55)、TARU(52)とタッグを組んだ宮根は、長与千種(52)、越中詩郎(58)、AKIRA(51)組との6人タッグ戦30分一本勝負のメーンイベントに出場。「ファイティングキャスター」とコールがかかると、スーツにネクタイを脱ぎ捨て、黒のショートパンツに上半身裸の戦闘スタイルに入った。

 満員となる526人の「ミヤネ」コールが響く中、ヘッドロックから首投げ、場外戦、トップロープからボディープレスと技を決め、会場を沸かせた。攻めの疲れが出た終盤、息を切らしながら長与のバックドロップからパイルドライバーを浴び、「記憶が飛んだ」と大ピンチに。

 最後は長与の得意技でもあるサソリ固めに苦悶(くもん)の表情を浮かべ、無念のギブアップ。「全部、痛かった。次はわからない」と18分52秒の戦いを振り返りながら、「長年の夢にお付き合いいただき、ありがとうございました」と笑顔。万雷の拍手を受けながらプロレスデビューを終えたようです

共通テーマ:芸能

イモトアヤコ [芸能]

タレントのイモトアヤコが、トレードマークの太い眉毛を封印した“女優”の顔が「可愛い」と評判だ。「誰かと思った」「何も知らずにテレビつけて、可愛い子がいる! と思ったらイモトさんでした!」といった声もあり、そのギャップが視聴者を驚かせているそうです

 日本テレビ系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で、太い眉にセーラー服という身なりで各国をめぐり、さまざまなことに挑む果敢な“珍獣ハンター”としての姿がおなじみのイモト。

 その一方で最近は女優としての活躍が注目されている。昨年放送された日本テレビ系連続ドラマ「家売るオンナ」では、珍獣ハンターの時とは180度違うメイクで不動産会社のダメ社員を演じ、反響を呼んだ。そして今月スタートした日本テレビ系土曜ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」では、妊婦役に挑戦している。

 そんな女優バージョンのイモトの姿は、たびたびSNS上などで「美人」と話題に。20日にイモトが自身のTwitterで、「ヒルナンデス!」の「女優ごはん」のコーナーに出演するという告知と共に、白いレースのトップスにひざ丈の花柄スカート、足元はパンプスというお嬢様スタイルを着こなした写真を公開すると「これ、だれ?」「は!?可愛く見える(゜д゜)!!」「美人発見!」「イッテQとはまた違った雰囲気で、こっちもカワイイです」といったコメントが殺到。

 加えて、「イモトさん痩せましたよね?なんかすごく綺麗になりましたね」「どんどん可愛いくなっていく」「この頃すご~く女っぽくなりましたね(*^▽^*)」とイモトの止まらない“美人化”に注目するファンも。「これからも女優業を頑張って下さい」という声も多く、女優としての今後の活躍も期待されているようです

共通テーマ:芸能

動物ぽんぽん [日記]

毛糸で直径約35mm・45mm・65mm・85mmの4サイズのポンポンが簡単に作れる





共通テーマ:学校

E-girls [芸能]

 人気女性グループ、E-girlsが16日、さいたまスーパーアリーナで、19人体制から11人体制へ移行後初のライブパフォーマンスを行ったそうです

 新生E-girlsらで構成される新ガールズプロジェクト「E.G.family」のお披露目ライブの一環で、11人体制初シングル「Love☆Queen」(26日発売)など2曲を披露。ボーカルの鷲尾伶菜(23)は「11人で新しい色を生み出していきたい。先頭に立って夢をどんどん追いかけていきます!」と決意表明した。

 旧E-girlsもラストステージに立った。グループを卒業し、今後はDream Ami名義でソロ歌手に専念するAmi(29)は「E-girlsに出会って人生が180度変わりました」と涙ながらに感謝。10月4日に初ソロアルバム「Re:Dream」を発売し、11月9日から初のソロツアーを開催することも発表した。ライブは15日から2日間開催され、計6万人が新旧E-girlsメンバーの門出に声援を送った。

共通テーマ:音楽

ローラ ダレノガレ [芸能]

人気タレントのローラ(27)が、所属事務所社長との間に決定的なミゾが生まれ、他事務所への移籍が持ち上がった“お家騒動”が広がりをみせている。本紙に続いて、週刊新潮は、事務所側が看板タレントだったローラに代わり、後輩に当たるダレノガレ明美(26)を各方面へ売り込むようになったと報じた。かつてバラエティー番組を席巻した売れっ子・ローラが“干され危機”にブチ当たっているようです

 ローラは先月16~17日、ツイッターを通じて「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない」などと意味深なつぶやきを連発した。「黒い心を持った人」とは、30代後半の所属事務所社長を指すとされる。社長に対する長年の不満がうっ積して爆発、ツイートしたとみられている。

 そのため、ローラは親交が深い大御所タレントの堺正章(70)の支援を受けて年内にも他事務所への移籍が模索されているのは本紙既報通りだ。

「あの報道を受けて、事務所内では情報を流した“犯人捜し”が行われているようだ」(関係者)

 その後、週刊新潮もローラの窮状を続報。事務所側はダレノガレを猛プッシュし、ローラは現在、そのバーターに“格下げ”されており、今年のテレビ出演本数でもローラは、ダレノガレの3分の1程度。「移籍も視野に入れているのではとささやかれている」と伝えた。

 前出の関係者は「実際には、ダレノガレを含めたローラ以外のタレントたちをプッシュしているのが現状」と明かす。同事務所所属である元TBSのフリーアナウンサー・枡田絵理奈(31)やモデルでタレントの藤井サチ(20)、きらりんぼ☆はりー(年齢非公表)という芸名の新人声優らを担ぎ出し、テレビやラジオ番組に露出させているといい「ローラは干されかけている」(芸能プロ関係者)ようだ。

 一方、11日に発表された「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」では女優の広瀬すず(19)が14社で首位、ローラは10社で2位タイと健闘。綾瀬はるか(32)、有村架純(24)、上戸彩(31)、高畑充希(25)、吉田羊(年齢非公表)という売れっ子女優陣と肩を並べる同数で、露出は減っていないように映る。

 だが「ローラの稼働はCMがほとんどで、やはりテレビの番組出演は少ないのです」と前出芸能プロ関係者は首を横に振る。ローラはハリウッドデビューを果たしているが、CMタレントになってしまったというのが現実だ。

 今年の芸能界は、事務所からの独立・移籍トラブルが目立つ。元「SMAP」の稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日に所属のジャニーズ事務所を退社する。出家騒動を起こした女優清水富美加(22)は大手芸能プロから宗教団体幸福の科学が5月に新設した事務所に移籍した。4人組ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」は年内にも所属事務所から独立する方向のようです

共通テーマ:芸能

ハイスタ THE GIFT [芸能]

ロックバンド「Hi-STANDARD」が、18年ぶりの新アルバム「THE GIFT」を10月4日にリリースするという告知が音楽ショップや街頭看板を通じて行われています。公式アナウンスはまだされていませんが、タワーレコード各店などでは予約もスタートしているそうです

 “ハイスタ”こと「Hi-STANDARD」は、難波章浩さん、横山健さん、恒岡章さんの3人からなるロックバンド。1990年代の音楽シーンを席巻しましたが2000年に活動休止、約10年の時を経てロックフェス「AIR JAM 2011」で復活を遂げると、その後は緩やかなペースで活動を続けてきました。

 復活後の大きな動きといえば、2016年に16年半ぶりの新曲「Another Starting Line」の発売がありました。事前告知のないゲリラ的なリリースが話題となりましたが、今回の新アルバム「THE GIFT」の発売も、街頭看板や音楽ショップを通じて情報が広がっており、宣伝方法一つを取ってもハイスタのこだわりが感じられます。

 新アルバム発売の知らせを受けたファンは、「ハイスタがアルバムだと.....うぉーーー!!!!!」「待ちに待ったアルバム。ありがとうHi-STANDARD!」「もう!ハイスタのバカ!最高!」「やばいやばいやばいやばいやばいやばい!!!!!!」など狂喜乱舞の大盛り上がり。中には、「あれだけ『演出』にこだわっているハイスタがあんなに普通にアルバム告知するはずがない。怪しい。絶対裏で何かあると思う」と何かしらの仕掛けがあるのではという意見も出ていました。何にせよ待つのみですね

共通テーマ:音楽
SEO対策テンプレート