So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

必ず最初に解雇すべきタイプの人材 [日記]

・バーバラ・コーコラン氏は不動産業界の大物、2001年、自身の会社コーコラングループ(Corcoran Group)を6600万ドル(約74億円)で売却した。
・同氏は文句ばかり言う社員に対して我慢する必要はないと語る。
・いつの間にか周りの人のエネルギーを奪ってしまうからだ。

バーバラ・コーコラン(Barbara Corcoran)氏は、彼らを「泥棒」と呼ぶ。そして同氏は、会社で彼らに対して決して我慢しなかった。

コーコラン氏は不動産業界の大物。2001年、自身の会社を6600万ドルで売却した。

Business Insiderのポッドキャスト「Success! How I Did It」で同氏は「泥棒」、すなわち文句ばかりを言う人を排除したことが会社を成功させる鍵だったと語った。

「会社の中で文句を言ったら、週末を待たずに解雇した。私の未熟さを攻撃しているように思えたから」

文句を言う人を表す言い方はいろいろあるが、組織に害を与えるという点は共通している。

Inc.の記事でジェイソン・デマーズ(Jayson DeMers)氏は「犠牲者」を常に解雇すべきと語った。

「このタイプの人は、自分の行動に責任を持たない。悪い状況を他人のせいにする。いつも言い訳を用意している。彼らがいなくなっても、同僚は気にしない。むしろ、常に文句を言っている人がいると、周りも犠牲者意識を持ち始めてしまう」

またケビン・ダウム(Kevin Daum)氏もInc.で「アトラス」を追放することを勧めている。

「世界中の問題がこのタイプの人の肩にかかっている。誰よりもハードに働き、誰よりも多くの困難と向き合っている。皆がそれを知っている。なぜなら、その話ばかりするからだ。彼らは自分が直面している問題や周りの人の無能さ、そして、日々の責任がどれほど大変なものかについて執拗に語る」

コーコラン氏は、文句を言う人を排除する理由をシンプルに説明した。

「ネガティブな人が1人いることで、15人の素晴らしい人たちのエネルギーがいつの間にか失われる」と同氏。

「それが、私が彼らのことを泥棒と呼ぶ理由。彼らは、動いてみるということをしない。そして、いつの間にかあなたに害を与えている」

亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円 [日記]

インターネットテレビ局Abema TVは、2018年1月1日(月)に 『AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負』を生放送することを発表したそうです

 この番組は元プロボクサー・亀田興毅ら率いる“亀田一家”が3大勝負として、興毅の弟で元プロボクサー・亀田大毅、プロボクサー兼YouTuber・ジョーブログ、亀田三兄弟の従兄弟にあたるプロボクサー・亀田京之介の3人が人生をかけた戦いに挑む様子を生放送するもの。

 亀田大毅は「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」として、今年5月にAbemaTVにて放送された特別番組『亀田興毅に勝ったら1000万円』の続編に挑戦。大毅が「兄ちゃんも頑張った、弟(亀田和毅)は世界で戦っている。自分が出来ることは何か考えてチャレンジしたいと思った」と決意したことから実現。「サラリーマンでも腕自慢のタレントでも誰でもかかってこいや!」と大毅は意気込んでいる。

 さらに同企画の前には、別途開催されるプロボクシングの興行で、ジョーブログと亀田京之介のプロデビュー戦を生中継する。

『亀田興毅に勝ったら1000万円』の挑戦者として登場したジョーブログは、番組後に興毅に見初められプロボクサーになることを決心。YouTuberを続けながらも今年7月クールにAbemaTVにて放送されたレギュラー番組『亀田×ジョー プロボクサーへの道~3ヶ月でデビュー戦~』にて、興毅の熱心な指導のもとプロボクサーを目指し、たった3カ月で見事プロテストを合格した。そんなジョーブログのプロデビュー戦を生中継。

 また、『亀田×ジョー プロボクサーへの道~3カ月でデビュー戦~』にも度々登場し、「絶対に『亀田三兄弟』を超える」と豪語する亀田三兄弟の従兄弟・京之介のプロデビュー戦の様子も生中継される。

おもしろスケール [日記]

スマステで紹介されました

タテ・ヨコ・ナナメの平行線が引ける多機能スケール!



ディズニーランド 迷子が瞬時に見つかる理由 [日記]

非日常な空間を提供してくれる東京ディズニーリゾートでは、雰囲気を壊さないためのさまざまな配慮がされています。

 例えばパークの園内放送。ディズニーリゾートでは「迷子の放送」が絶対にされることはありません。なぜなら、キャスト間、社員間の無線では情報が常に共有されており、パーク内のどこで何が起きているのかがほぼリアルタイムで周知されているためです。

 そのため、迷子の情報は瞬時に伝達され、園内放送をしなくてもすぐに見つけて引き渡すことができているのです。

 この話は比較的有名で、「ディズニーのなかでは園内放送が絶対されないんでしょ!」という方もいるかもしれません。ですが、厳密にはちょっと違います。

 地震や火災等の緊急時以外でも、まれに園内に放送が流れることがあるのです。めったにされるものではなく、12年以上パークに足を運んでいる筆者もこれまで2回程度しか聞いたことがありません。

 それは、突然園内のBGMが止まり、「〇〇県からお越しの〇〇様、至急ご自宅にご連絡をお取りください」という趣旨の放送がされるというもの。

 おそらく来園している方の家族・親族等に何かあった時の放送であると思われます。

 今は子どもも含めて携帯電話をひとり1台持つことがめずらしくない時代ですので、こうした放送は少なくなってきていますが、実際にあるのです。

 園内の雰囲気を壊さない気配りも大切ですが、ゲストの立場を第一に考えてくれているパークならではの緊急放送なのです。

 また例外的な園内放送として、地震発生時の緊急放送や、雷雲が近づいている際に屋内への避難指示等が流れることもあります。緊急時の対応には定評のあるディズニーリゾートですので、慌てずに落ち着いて行動しましょう

動物ぽんぽん [日記]

毛糸で直径約35mm・45mm・65mm・85mmの4サイズのポンポンが簡単に作れる




ふわっしゅ [日記]

天然100%のミネラルとハーブで洗うアトピーベビーの衣類洗剤


タグ:ふわっしゅ
SEO対策テンプレート