So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

シークヮサー [グルメ]

果汁100%なので、薄めてジュースにするのはもちろん、ゼリーやお菓子、お料理にも



チキンマックナゲット5ピース100円 [グルメ]

マクドナルドが本日5月29日から期間限定で、「チキンマックナゲット」を100円で販売するらしいぞ!
繰り返しお伝えする。通常は200円のナゲットが、半額の100円になるのだ


そのニュースは、数時間前に突如マクドナルドの公式Twitter上で発表された

「フォロワーの皆様に感謝の気持ちを込めた、チキンマックナゲット5ピース100円の特別クーポンです」

ナゲットが100円になるのは、2017年5月29日~6月1日の4日間だ。時間指定はないので、ナゲットを販売している時間帯ならいつ行っても100円ということになる

マックのツイートによると、「お店でクーポン番号664をお伝えください」とのこと。特にマックのアカウントをフォローする必要はなさそうだが、ここはその心意気に応えるため、きっちりフォローしてから買いに走りたいものだ

100円で買える期間はそう長くない。店舗によっては在庫がなくなる可能性もゼロではないので、今すぐにでもお店へとダッシュすべし。いいな、クーポン番号664だぞ

レンジでプリン [グルメ]

簡単&スピーディーにおやつを手作り。電子レンジでできちゃう
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

下村工業 レンジでプリン ERP-02
価格:315円(税込、送料別) (2017/5/4時点)



ポテチが消える [グルメ]

原材料のジャガイモが枯渇し、ポテトチップスの休売・終売が相次いでいるそう
まもなく、コンビニやスーパーの菓子売り場から数多くのポテチが消える
大手菓子メーカーのカルビーから流通各社へ、商品の取り扱いに関する一通の文書が流れたのは3月上旬のこと。その内容は“ポテトチップスの一部商品を休売する”というものだった。
この背景には週プレNEWSでも昨秋報じた北海道産野菜の壊滅的打撃の影響がある。カルビーの広報担当者がこう話す。
「昨年8月末の北海道台風の影響で原料(北海道産ジャガイモ)の調達が間に合わず、4月から一部商品を休売させていただきます」
同社は“一部”というが、休売商品は結構多い。定番品ではポテトチップスの『フレンチサラダ』『しょうゆマヨ』『梅味』『しあわせバター味』がまもなく(4月中旬~)休売に。
ロングセラーである『うすしお』『コンソメ』『ピザポテト』はビッグサイズ(135g)が同時期に売り場から消えるという。
根強いファンが多い地域限定のポテトチップスでは『瀬戸内レモン味(中国・四国限定)』や明太子メーカー・かねふくとのコラボ商品『博多めんたいこ味(九州・沖縄限定)』が、やはり休売へ。
「終売ではなく、あくまで休売という措置ではございますが、現時点でいずれの商品も販売再開のメドは立っていません」(カルビー・広報)
ジャガイモ不足による製品への影響は他の菓子メーカーも同様だった。
湖池屋・お客様センター「3月下旬をもちまして、ポテトチップス『リッチコンソメ(全サイズ)』『カラムーチョ(パーティーサイズ)』などの商品が終売に。また、ポテトチップス『ガーリック』『のり醤油』も休売となり、現段階で販売再開のメドは立っておりません」
カルビーも湖池屋も原料に使うジャガイモの約7割を北海道産に頼っている。その収穫期は例年9月頃。“さぁこれから収穫”というタイミングで、立て続けに道内の主産地を4つの台風が襲い、「収穫量が激減した」(JAグループ北海道関係者)。
その後は「貯蔵分から原料調達を賄っていた」(湖池屋・広報)ため、台風の影響は新商品の発売延期などに止まっていたのだが、ここにきて貯蔵分が底をつき、ポテチの“一斉休売”に至ったというわけだ。
しかし、ジャガイモの調達先を他の産地に切り替えることはできなかったのか? 両社と取引きのある菓子卸会社のバイヤーがこう話す。
「ジャガイモは全国で生産されていますが、収穫は5月中旬頃の九州から始まり、日本列島を北上するにつれて6月、7月、8月と時期がズレます。国内で調達先を切り替えようにも他の産地ではジャガイモ自体がなかったので不可能でした。
ただカルビーは一部、海外産(米国産)のジャガイモを使用しており、この状況を受けて追加調達を行なったようですが、輸入したジャガイモ自体の品質が悪く、計画通りに製品化できなかったそうです」
そこで今、流通の現場ではポテチの熾烈な争奪合戦が勃発している。
「現場にカルビーや湖池屋の休売情報が流れ始めたのは3月初旬。一度にこれだけの商品がなくなるなんて過去になかったことです。でも、正式に休売になる前の段階で、仮に2ヵ月分の在庫を確保できれば、賞味期限は4ヵ月あるので販売再開のタイミングまで持ちこたえられるかもしれない…。
そこで問屋、小売各社のバイヤーが“1袋でも多く確保しろ!”“他社に負けるな!”と会社から発破をかけられ、納入できる見込みもないのにメーカー側へバカみたいに発注をかけるようになりました(苦笑)」(前出・菓子卸バイヤー)
だが、先述した商品の休売・終売は決定事項。すでに売り場から消えた商品も出ている。そこで気になるのが販売再開の時期だが…。前出の菓子卸会社のバイヤーはこう話す。
「5月頃から九州の各産地でジャガイモの収穫が始まりますが、すべてを合わせても北海道産よりひと桁少ない量に止まります。さらに熊本県産の収穫量は昨年の地震の影響が出るとも言われており、休売期間はかなり長引くかもしれません」
となれば、今年9月から収穫が始まる北海道産ジャガイモがポテチの今後を左右することになるが、その見込みはどうだろう。前出・JAグループ北海道の関係者がこう話す。
「昨年の台風ではジャガイモだけでなく、その元となる種バレイショの収穫にも影響しました。例年、4月頃から畑に種まきをするのですが、今年はその数自体が少ないと見られており、さらに収穫は天候によっても大きく変わります。9月以降、どれだけ例年の収穫量を確保できるかどうかは実際に土を掘ってみないとわかりません」
ジャガイモの収穫次第では今後、通常サイズの『うすしお』『コンソメ』『のりしお』といった各社の主力品が休売となる可能性も否定できないようです

スリッシュ [グルメ]

美濃焼の蒸し調理皿
お手持ちの鍋にセットして使い、そのまま食卓に出せます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリッシュ(レシピ付き)[蒸し器][蒸し鍋][美濃焼き]
価格:10800円(税込、送料無料) (2017/3/17時点)



タグ:スリッシュ

カルビーが47都道府県のポテチ発売 [グルメ]

カルビーは3日、47都道府県の郷土料理や素材の味を再現したポテトチップスを7月以降、順次発売すると発表した。地元の自治体や企業、住民と協力しながら、地域に根ざしたポテチを開発する。夏・秋・冬の3回に分けて投入する。

 カルビーは3日、東京都内で記者会見し、地域や日本を元気にする「ラブ ジャパン」プロジェクトを発足したと発表した。29年度は地元に根付いた味を再現した47都道府県のポテチを発売する。

 これまでカルビーは約90の地域限定ポテチを発売してきた。昨年も伊藤秀二社長の出身地の福島県で、郷土料理「いかにんじん」の味を再現したポテチを投入し、約79万袋を発売するなど大ヒット商品となった。

 今回は47都道府県別のポテチを発売するが、伊藤社長は「いかにんじんのヒットで、地元の味が地元で売れることを体験した。日本の各地には、そのエリアにしかない料理が多くあり、魅力を掘り出し、ポテチを通じて、地域や日本を元気にしたい」と語った。

 販売地域は、各都道府県と、その周辺エリアを予定している。ただ、ヒットした場合は全国に広げる可能性もあるという。販売期間は約1カ月だそうです

はっさく大福 [グルメ]

愛媛・大三島産の有機無農薬のはっさくをとじ込めた大福
餅皮は求肥を加えて丹念に練り、もっちり食感に仕上げた
みずみずしいはっさくと白あん、餅が三位一体の美味しさ



SEO対策テンプレート