So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

仲里依紗 [芸能]

2013年4月に俳優・中尾明慶(29)と結婚した女優の仲里依紗(28)が22日、都内で行われたテレビ朝日系主演ドラマ「ホリデイラブ」(26日放送開始。金曜、後11・15)の製作発表に出席。パートナーが不倫をした場合どうするか、と問われ、「一生会わないであろう国外に行って欲しい」と国外追放を希望したようです

 仲は今作で夫役の俳優・塚本高史(35)に不倫をされる妻“サレ妻”を熱演する。昨今、話題の“不倫”を扱うドラマにちなみ、パートナーに浮気をされたらどのような行動をとるかについてトークを繰り広げた。

 13年10月に第1子男児を出産し、1児の母である仲は、裏切ったパートナーに対し、「入国禁止令。時差があってほしい。同じ時間に寝てるんだとか考えるのも嫌。時差があるとわからない。(不倫相手の)女性には、そこまで(しない)。ひっかかる方が悪いと思うので」と回答。今作で“悪女”を演じる松本まりか(33)が「徹底的に(詳細を)聞きます」と語ると、仲は「知っちゃうとずーっとフラッシュバックするので、なるべく知らずに(パートナーは国外に行く)飛行機に乗って」と徹底していた。

 また、共演者の壇蜜(37)が「パソコンの前に座らせて、捕食シーンとかグロ動画を見せますね。『命とはどういうものか、絆とはどういうものかよく見るんだよ』」とエッジの効いた回答をすると共演者もあ然。塚本は「僕は意味が分からない。言葉で伝えられないの?」と苦笑いだった。

工藤静香 クール・アングラーズ・アワード [芸能]

歌手の工藤静香(47)が、釣りのイメージ向上に貢献した著名人に贈られる「クール・アングラーズ・アワード」を受賞し20日、パシフィコ横浜で行われた「ジャパンフィッシングショー2018」での授賞式に出席したそうです

 大の釣り好きで知られる工藤はトロフィーを手に「まさかこんな素晴らしい賞をいただけるなんてビックリ」と喜びを語り、「買おうとしていたクーラーボックスを(副賞で)いただけてうれしい」。昨年8月に海釣りでエイと格闘する様子をインスタグラムで報告したことなどがキッカケで受賞し、「決め手はエイでした」と笑わせた。

 小学生時代から川釣りを始め、ヤマメやイワナを釣っていたという工藤。約20年前から湖でバスを釣り、その後もタチウオ、イナダ、コチ、アジなど「東京湾の魚は制覇した感じです」。これまでに釣った最大の魚は76センチのスズキといい「秋口でものすごく引きが強くて犬の散歩みたいで、(さおが)折れるじゃないかというくらいだった」と振り返った。

 釣りは1人で行ったり、長女、次女ら家族と出かけるという工藤。「子供が学校に行ってる間の何時間かを狙って行って、釣れなきゃ丸腰で帰ったり。娘がおなかにいる頃から出かけたり、小さい頃は船で転がって寝てた」と明かした。

 今後釣りたい魚を聞かれ、「派手はお魚が好き。大きい魚より、夕食にスズキのカルパッチョを食べたいなという時に出かけるのが好き」。以前は釣り番組に出演していたこともあり「また機会があれば出たい。さらにアクティブになろうかな」と笑顔を見せた。

 同賞は、釣り具メーカー及び関連業界の団体、日本釣用品工業会が毎年選出している。2006年にスタートし、過去にはつるの剛士(42、09年)、ローラ(27、16年)が受賞しているそうです

知らなかった!

松井珠理奈 下着チェック [芸能]

1月9日放送の『AKBINGO!』(日本テレビ系)で、SKE48・松井珠理奈の楽屋でのエピソードが明かされたそうです

 AKB48・柏木由紀が珠理奈について「着替えていたら、毎回毎回、下着チェックとか、胸のチェックで触ってくる」と暴露。ほかにもNMB48・山本彩、白間美瑠らが珠理奈に裸を見られたと挙手したが、もちろんこれは親愛の情から来ているものだ。

 “女の園” である48グループの楽屋では、これまでもさまざまな出来事が伝えられてきた。大島優子が『TOKIOカケル』(フジテレビ系)でAKB48時代を振り返り、「衣装に着替えるとき、楽屋で服を脱ぐじゃないですか。脱いだままの格好で『うえ~』って踊ったりする」と告白。

 大島、秋元才加らは当時、公演で全力で踊った後は、もはやアスリートのように服を脱いで完全燃焼していたことが伝えられている。

 各グループの劇場は自分たちの聖地でもあり、メンバーたちは自ら楽屋の掃除を担当。昨年末には佐々木優佳里、後藤萌咲らがAKB48劇場の大掃除を行った。

 後藤は「2017年はたくさん劇場に立たせて頂いたので、2018年もたくさん原点の劇場を守っていけるように感謝の気持ちを持ちながらまた1年頑張ります!」と意気込んだ。

 かつて板野友美が楽屋のトイレを自ら掃除している画像がSNSにアップされると、謙虚な姿勢にネット上に賛辞の声が上がった。

 もちろん楽屋はメンバーの気合いを入れる場所でもある。昨年、乃木坂46が『日本レコード大賞』で大賞を受賞したが、その翌日の『紅白歌合戦』を前に、横山由依はこんな言葉で円陣を組んでメンバーに発破をかけたことが、1月13日の『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム)で放送されている。

「自分たちが大賞をいただけるグループになれていないことが、すごく悔しい。これから私たちがもう一度一丸となってやっていけないといけない。何かを変えていかないと、このまま大きなステージに立つことなく終わってしまう。全国の皆さんに笑顔をお届けできるように明るく楽しくステージを締めくくってください」

 渡辺麻友が卒業し、第1回選抜総選挙で「神7」だったメンバーが全員グループを巣立っていったAKB48。大きな変化を迎えるべき時代に突入した彼女たちの今後に注目だ。

小倉優子 [芸能]

“新ママタレ女王”の小倉優子(34)が、米・ハワイの高級別荘を売却したとの情報をキャッチしたそうです

華々しく活躍した20代のうちにガッツリためた資金をつぎ込んで購入した推定2億円の“こりん別荘”だったが、ある理由で昨年中に手放していたという。背景には“教育ママタレ”ならではの悩ましい事情があったようだ。

 小倉は昨年3月、カリスマ美容師の夫と離婚。長男(5)、次男(1)を育てるシングルマザーとなったが、懸命に奮闘して好感度が急上昇した。11月に発表された「第2回好きなママタレントランキング」(オリコン)では、前年の圏外から1位に上り詰めた。

 一方で昨年7月には女性誌に、小倉がハワイの別荘を売却したと報道され、本人が即座に否定する一幕があった。小倉は「(そもそも別荘は)まだ出来上がっていない」と建設中と説明。「(完成後)夏休みとかに(子供と)行ければいいなと思う」と話していた。

 この別荘は“こりん星ネタ”でブレークした20代のうちにコツコツと貯金し、夢だったハワイのバカンスを実現するため、自身へのごほうびとして購入したものだった。現地コーディネーターは「別荘といってもコンドミニアムではなく、外資系高級ホテルの一室を購入したようだ。通称“こりん御殿”で、価格は驚がくの推定2億円」と目を丸くする。

 本来ならば、常夏の楽園に構える“愛の巣”となるはずだったが、結局、昨年中に売却したという。その背景には、教育熱心なママタレならではの事情があるようだ。

「ゆうこりんは一見するとポワ~ッとしてドンくさそうですが、実はシビアに将来設計を立てて、2人の子供に英才教育を受けさせている。長男は都内のセレブ向け私立幼稚園に通園中。今秋には小学校のお受験を控えている」(関係者)

 文部科学省の発表では、公立小1年生の学費総額は34万2640円(2016年度)だが「ゆうこりんが狙っているのは、芸能人の子供が多く通う都内の名門私立小学校のようだ。そこの学費は初年度で100万円超と高額。小学6年間の学費では500万円ほどにまで膨れ上がる」と前出の関係者。

 仮に同校に合格した場合、高収入の芸能人といえど家計のやりくりに迫られる。そのため小倉はまず、不動産を売却して将来の教育費を工面したと思われる。

 加えて「子供のお受験を迎える芸能人は、学校側の心証を良くするためにスキャンダル厳禁なのはもちろん、想定外のイメージダウンを避けるため、芸能活動自体を減らすケースもある。となると当然、収入は減る」(芸能リポーター)という事情もある。

 小倉は昨年3月に離婚した後の半年間で、約70本のテレビ番組に出演。どんなオファーも断らず、露出を激増させ、好感度アップにつながった。だが、今年はお受験を控えるため、仕事をセーブせざるを得なくなる可能性もあり、先手を打って別荘を手放したようだ。

 離婚は元夫の不倫が最大の原因で、小倉に落ち度はない。ただ「ゆうこりんは子供たちに悲しい思いをさせてしまったと責任を痛感している。父親がいなくても幸せになってほしいと切に願っているようだ」(前出関係者)。

 ハワイの別荘はあくまで自身の夢にすぎなかった。親の稼ぎが子供の学力を左右するともいわれるこのご時世。愛息の将来を最優先に考え、名門校に通わせたい母心から、惜しげもなく売り払い“すっきりんこ”させた小倉。初めての愛息のお受験に立ち向かう。
タグ:小倉優子

杏 榮倉奈々 壇蜜 [芸能]

タレントの高田純次(70)が気の向くままに海外をレポートする人気紀行バラエティー番組「高田純次のセカイぷらぷら」(BS12 トゥエルビ)がDVD化され、3月に2巻同時発売されることが決定した。同番組について高田は昨年末に行われた会見で「DVD化は当然! おじいちゃん、おばあちゃんから小学生、赤ん坊まで、根性いい人から悪い人までいろいろな人に見てほしい」とアピールしたそうです


 「テキトー発言」で人気を博す高田だが、意外な一面もある。なんと「宝石鑑定士」という資格を持っているのだ。

「もともと、俳優を志していた高田さんは劇団で研究生をしたり、自身で劇団を立ち上げましたが、なかなか軌道に乗れませんでした。20代の頃、結婚をしたものの、劇団の収入では生活ができないため、宝石販売会社に入社したんです。デザイナーとして働き、そこで鑑定士の資格を取得したそう。その後も妻子を養うために『警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやった』と話していました」(女性誌の編集者)

 高田は副業として働く仕事で資格を取得したパターンだが、芸能界には他にも一風変わった意外な資格を持つ女優やタレントが多い。

「2017年、批判を受けた宮城県のPR動画で思わぬ注目を浴びた壇蜜さん(37)は『遺体衛生保全士』という資格を持っています。遺体に消毒や防腐処理、メイクなどを施して、生前に近い姿に戻し、腐敗や感染を防ぐ仕事で欧米ではエンバーマーとも呼ばれています。冠婚葬祭を学ぶ専門学校へ通っていたときに取得したと話していました。葬儀場で働いていた経験もあり、『壇蜜』という芸名も仏教を基に自ら考えたそうです。ミステリアスな雰囲気にさらに輪がかかりますよね」(同)

 そのスタイリッシュな外見からは想像できない“資格”を持つのは、人気女優でありママの顔も持つ榮倉奈々(29)と杏(31)のふたりだ。

「2017年にママになるも、変わらぬスタイルをキープし話題となった榮倉さんは、三味線の『藤本流準師範』と『民謡名取』を持っていることで有名です。以前、バラエティー番組でその腕前を披露したことがあり、共演者を驚かせていました。三味線を再開して師範の免許を取りたいと思っていた時期もあったようです。また今や3児のママとなった杏さんは、『狩猟免許』というワイルドな資格を持っている。『鹿肉が好きだから自分で獲ってみたかった』とおどけて話していましたが、増えすぎて駆除された鹿が産業廃棄物になってしまう事実を知って、人が食べる機会を増やしたり、ドッグフードにするなど命を循環させたいという意識が強いようです。問題意識に取り組む姿勢はさすが杏さんだなと思いましたね」(テレビ情報誌の編集者)

 佐々木希(29)と2017年に結婚し、公私ともに絶好調のアンジャッシュの渡部健(45)も実に“ロマンチックな資格”を持っている。

「食通として知られる渡部さんは『夜景鑑定士』の資格も持っているんです。彼が取得したのは3級で、日本夜景遺産に認定された場所の知識や、世界や日本の夜景文化の成り立ちの歴史を覚える必要があるようです。以前ラジオ番組で夜景の心理効果についても語っていました。暗い所から明るい所を見ると、不安からそばにいる人を頼りたくなったり、心の奥底で思っていることを吐き出したくなったりする『暗闇効果』により、女性は男性についつい本音を打ち明けてしまうそうです。佐々木さんもそんな彼の恋愛テクにおとされたのかななんて勘ぐってしまいますね(笑)」

矢口真里 再婚準備 [芸能]

 元モーニング娘。でタレントの矢口真里(34)が8日、都内で行われた「第1回eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」に参加し、交際中の元モデル・梅田賢三氏との再婚について「準備はしてます」と前向きに発言したそうです

 ゲームをスポーツ競技ととらえた「e(エレクトリック)スポーツ」のイベントで、矢口は「私がやる競技を、(彼と)2人でコマンドがどうとかやってました」とラブラブぶりを隠さず。日時など具体的なことには触れず、「(去年も準備していると)言ってました。今年もずっと言ってるかも。引っ張るだけ引っ張ろうかな」と笑顔で話した。

 離婚騒動時もたっぷりいじられ、「(人生の)途中でゲームをする時間がいっぱいありましたが」と聞かれると「ありましたね。朝から晩まで」と即答。「謹慎中はどんなゲームを?」という質問には「癒やし系のものが多かったです。パーティーゲームをやろうにも1人しかいないんで。1人でマリオカートとか」と、自虐的に打ち明けた。

 所属事務所「アップフロント」チームの一員として出場した後輩のアップアップガールズ(仮)・新井愛瞳(20)から「昨日、成人式を迎えました。20歳になったから、矢口さんとお酒を飲みたいです」と言われると、「私でいいの?安倍なつみの方がいいんじゃないの?」と質問。「安倍さんの方がいいんですけど、人生に波を立ててきた先輩として(矢口さんに)いろいろ聞きたい。私も学んで気をつけて、幸せになろうと思います」と返され、苦笑することしきりだった
タグ:矢口真里

ONE OK ROCK Taka Insrtagram [芸能]

ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルTakaさんが1月1日、豪華メンツによる新年会の様子をInsrtagramに投稿し話題となっているようです

 この交友関係の広さは何なの。

 「あけましておめでとう! みんな大集合で新年のご挨拶」と投稿している画像には、Takaさんを中心に、俳優の城田優さんや三浦翔平さん、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さん、男性アイドルグループ「DA PUMP」のDAICHIさんにシンガーソングライターのジャミールさん、先日現役引退を表明した前WBA世界フライ級王者の井岡一翔さんなどがニッコリ。女性陣もベッキーさんやローラさんの他、モデルの野崎萌香さんや八木アリサさんの姿が確認でき、豪華な新年会に驚くファンのいいねが現時点で26万近くつけられています。

 また、Takaさんの隣には父親で歌手の森進一さんの姿も。投稿に添えられたコメントでは、「ウチのダディーがインスタ始めました!笑」と森進一さんがInstagramを開設したことも報告。森さんのInstagramではTakaさんとの2ショットや皆で餅つきを楽しむ様子が投稿されており、ファンとの交流を楽しんでいるようです。

紅白 交友関係 [芸能]

連日リハーサルが続く『NHK第68回紅白歌合戦』。29日は個々のアーティストごとの進行だったが、30日は、出場する全45組とゲストがNHKホールのステージに登壇し、全体リハーサルが行われたようです

 全員集合場面の見どころの一つは、合間の「おしゃべり」でわかるアーティスト同士の交友関係だ。

 まず目に入ってくるのは、松田聖子(55)と石川さゆり(59)の親密ぶり。中央にいる司会の内村光良(53)、有村架純(24)、二宮和也(34)、NHKアナウンサー桑子真帆(30)のすぐ後ろに立つ2人は、ステージ上にいても、リハ進行以外の時間はほぼずっと談笑。お互い顔を見合わせて、上半身がのけぞるほど笑っていた場面もあった。

 その「アツアツぶり」については、昨年に引き続き今年もネット中継番組で「楽屋トーク」のMCを担当する渡辺直美(30)も会見で語っていた。

「私の紅白の楽しみ方は、アーティスト同士の『こことここ仲いいんだ』を見ることですね。去年は松田聖子さんと石川さゆりさんがずっとお話されていて、手を繋いで歩いたりしてましたよ」

 同じ最前列で向かって左に目を向けると、18年ぶりに紅白出場を果たした松たか子(40)と椎名林檎(39)が、顔は正面に向けつつ、言葉を交わしていた。

「私なりに知っている方が数人いるので、とても心強く、林檎さんは今年一緒に仕事ができた方なので、隣にいられてちょっとほっとしました」(松)

 2人は2017年1月の連ドラ『カルテット』(TBS系)のエンディング曲『おとなの掟』のレコーディングを共にしている。紅白の歌唱曲ではないが、椎名が作詞作曲を担当し、松が他の主演者たちと「Doughnuts Hole」名義で歌った話題曲だ。

 松と椎名の会話を聞きつけてか、椎名の隣にいた坂本冬美(50)が会話に加わる。さらに場面転換すると、すぐ後ろに近づいたAI(36)や渡辺直美が加わり、一大派閥の女子トークを展開していた。

 お姉さま女子団の脇にずっといながら、無言を貫いていたのが西野カナ(28)。ほぼノーメークで登壇した西野は、どこか遠くを見るようなうつろな表情をしていたが、30分も経過するころには手持ち無沙汰に。

 自分の手や腕を触ったり、何度も体の向きを変えたり、地団駄を踏んでみたり。時折、隣の「女子会」に眼を向けており、心中では「入りたくて入りたくて」震えていたのかもしれない。

 一方、フレンドリーさで有名な「兄ちゃんグループ」TOKIOは、旬の女子に夢中だった。長瀬智也(39)が乃木坂46の西野七瀬(23)に話を振ると、呼応するように、次列の国分太一(43)が生田絵梨花(20)と話し始める。

 リハの進行が始まり、長瀬と西野の会話が終わっても、国分と生田の会話は、とめどなく続く。生田から質問している様子も見られ、「紅白の先輩」としてアドバイスを送っていたようだが、国分は終始デレた様子を見せていた。

 そんなステージ各所の談笑も、30番目の乃木坂46の後に披露される全員合唱曲『いつでも夢を』のリハーサルに入ると一気に終了。

 伴奏を務めるX JAPANのYOSHIKI(52)が、自身の代表曲『紅』を彷彿とさせるような赤いKawai製のピアノでドラマチックな伴奏をはじめると、一同リズムを取り始め、誰一人おちゃらける者もなく、すっと合唱に入った。さすが一流のアーティスト陣だ。

 今年の紅白のテーマでもある「夢を歌おう」は、明日の本番でもアーティスト達の合唱で体現されるはずだ。

吉田明世アナ [芸能]

第1子を妊娠中のTBS・吉田明世アナウンサー(29)が29日、レギュラーを務める同局系『ビビット』(月~金 前8:00)に出演。同番組について、この日の放送をもって産休に入ることを発表したようです

 吉田アナは3日に第1子の妊娠を発表。24日には年内卒業を発表していた同局系『サンデー・ジャポン』へ最後の出演を終えていた。

 番組エンディングにMCの国分太一から産休入りを発表されると、すでに涙を浮かべており、これには国分も「(泣くの)早くない?」とツッコミ。吉田アナは「泣くつもりはなかったんですけど、大好きな皆さんの顔を見ていたら涙が…」と感極まりながら「2年9ヶ月、皆さんとお仕事させていただいて幸せでした」と感謝を述べていた。

岡田圭右 [芸能]

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(49)が27日放送の日本テレビ系「PON!」(月~木曜・前10時25分)に生出演し、妻でタレントの岡田祐佳(45)と離婚していたことを発表したそうです

 岡田は番組冒頭で「私ごとなんですが、一部スポーツ紙に出ました離婚に関してという記事なんですが、事実でございます。これは、やっぱり人生の経験、勉強という風にとらえて、これからも前向きに頑張りたいと思いますんで、よろしくお願いします」とコメントした。タレントとして活躍する長男・岡田隆之介(19)、長女・岡田結実(17)の親権は祐佳が持つと見られる。

 松竹芸能養成所の同期だった2人は1995年に結婚。祐佳は芸能界を引退し、子育てや夫のサポートに専念していたが、今年になって芸能活動を再開した。

 今年8月下旬、女性誌の報道で昨秋から別居していたことが発覚。9月1日に出席したイベントで岡田は「去年の秋ぐらいに家を出て、話し合いの中で、自分の方から距離を置こうと…」と別居を認めた。理由については「夫婦いろいろあんのよ」とはぐらかしたが、離婚について「結論には至っていない。話し合いの中で、お互いが納得いく形をとれるよう、前向きに進めたい」と強調していたよう
タグ:岡田圭右
SEO対策テンプレート