So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

羽生結弦 宇野昌磨 [スポーツ]

平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦(23)と、初五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨(20)にCMの契約オファーが殺到していることが18日、分かったようです

 メダル獲得以降、メディアに出ずっぱりといっても過言ではない2人には広告業界も熱視線。ともに五輪のスポンサー企業を中心に10~20社がオファーしているようだ。特に羽生は着用してきた衣装の色合いが「お菓子っぽい」と話題を呼んだことを受け、クッキーやチョコレートなど食品業界が注目。アスリートが“顔”になると好感度が増すことからスポーツドリンクなどの飲料業界も高い関心を示している。

 複数の広告代理店関係者によると、主演クラスの役者でCMの契約料は1本3000万~6000万円。世界的に著名なアスリートになると、さらに上がる。契約の形も名前や写真を貸すだけのものから本人が稼働するものまで多種多様で、どの選手も競技の妨げにならない形を条件に契約を結ぶという。

 羽生はこれまでロッテやP&Gなど多数のCMに出演。関係者は「ソチ五輪の金メダリストで、もともとの契約ベースがトップクラス。2つ目の金メダルを獲得した上に現役続行を表明したことで、市場価値はさらに上がる。契約次第で1億円はくだらない」。宇野については「羽生選手の次世代を担うホープで将来性がある。ファンが多い上に銀メダルを取って話題性や注目度も高くなったが、羽生選手ほど契約金は高くない。手を挙げる企業は多いのでは」と分析した

共通テーマ:テレビ

五輪連覇 羽生結弦 [スポーツ]

「平昌五輪・フィギュアスケート男子・FS」(17日、江陵アイスアリーナ)

 66年ぶりとなる五輪連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が報道陣に心境を語った。演技が終わった瞬間に「勝ったと思いました」と明かし、勝利に徹するため高難度の4回転ループを外し、サルコー、トーループを中心に完成度の高い演技を追求したことを「勝たないと意味はないと自分の中で思っていた」と振り返った。以下、一問一答の要旨だそうです

 -涙の理由は。

 「ソチから応援してくれた人たちも、ジュニアの頃から、ノービスの頃から応援してくれた方もたくさんいて、なによりも家族やチームやこれまで人間としてここまで育ててくれたコーチ、担任の先生とか色んなところで支えてくれた方々含めて、色んな思いがこみ上げてきてました」

-スタミナに不安がある中で構成をどう考えたか。

 「とにかく今日起きた時点で考えようと思ってた。幸いにも僕は色んなオプションを持っていて、選択肢がたくさんある中でこうやって臨めたのは、ある意味ケガしてしまったからこうやって色々考えられるというのもあったと思うし。ある意味こうやってスケートができなかった期間があったからこそ、作戦ということを学び、こうやって勝つためにここにこれたというのもあると思います」

 (続けて)「前半は丁寧にいった。6分間練習でサルコーが不安だったので、とにかくサルコーさえ降りれば前半の感覚で後半跳べると思っていた。何よりも昨日も言ったけど、やっぱりサルコーも、トーループもアクセルもトリプルジャンプすべて何年間もやってきてるので、やっぱり(体が)覚えててくれました」

 -最後の3回転ルッツはよくこらえた。

 「もう右足でやっぱり、ルッツ跳ぶのが1番大変なので、やっぱり右足頑張ってくれたなという思いが強いです」

 -終わった瞬間は。

 「勝ったと思いました。何よりもソチの時は勝てるかなという不安でしかなかったので、今回は何より自分に勝てたと思いました」

 -構成決めたのは。

 「朝です。もう自分で決めました。練習の前に。理由はいっぱいあります」

 -ループは跳びたかったのでは。

 「特に跳びたいとか跳びたくないとかはなく、なによりも勝ちたかった。勝たないと意味はないと自分の中で思っていた。この試合は特に。なによりもこれからの人生にずっと付きまとう結果なので、本当に大事に大事に結果を取りにいきました」

 -連覇の重圧は。

 「特に。とにかく連覇とかそういうのじゃなく、この試合に勝ちたいと思っていた」

 -キャリアの中でどんな位置付けになるか。

 「う~ん。単純に比較ができないですね。やっぱり。でも今思うのはずっと小さい時から描いていた夢。また、自分の人生設計の中で、ある意味やっと中間点ぐらいにきたと思ってる。そういう意味ではスケートを始めて、五輪で金メダルをとるってエフゲニー・プルシェンコさんを見ながら思っていた頃の自分に、本当にとれたよ、練習頑張れよって、いろいろあるけど、頑張れよっていいたい」

 -プルシェンコを超えた?

 「超えてないです。軽く超えてないです」

 -ソチの金メダルの違いは。

 「あの時は無我夢中だったし、あの時はあの時でいい演技ができたと思ってます。あの時の演技に恥じるものも悔いもない。ただやっぱりミスがあったことは確かなんで、なんとかそのミスを払拭できるような演技ができたことは、今回うれしかったことかなと思う」

 -多種類の4回転への挑戦。

 「それがあったからこそ選択肢があった。ルッツ、ループにずっと挑戦しつづけていなかったら、この構成が落としたといえない。構成を落としてやってきたという自信にならない。やっぱり一つとして無駄なことはないと、改めて実感させられました。なんとか通し練習はやっていました。ただ、やっぱり足の状況もすごく気になっていましたし、足の状況についてはまだ何も話すつもりはないですけど、本当に大変だったので、思ったよりも。最初に診断してもらったじん帯損傷だけでなく、本当に色んなところを痛めてしまっていて、氷上に上がれない日が長かったので、もう体力とかよりもスケートに乗ることへの不安の方が大きかったです」

 -4回転時代を切り開いた。

 「別に僕が引き上げたとは思ってないです。1番最初にやっぱり4回転ルッツの戸を開いたのはボーヤン(金博洋)だし、それから何とか僕も限界を超えようと思って彼を追いかけていただけだし、そしたらみんなも強くなっていって、そしてネーサン(・チェン)という選手が出てきて、そして宇野選手という素晴らしい日本の選手が出てきて、本当に僕は時代に恵まれたスケーターだなと思う」

共通テーマ:スポーツ

吉田美和 インフルエンザ [芸能]

17日、18日に広島グリーンアリーナで開催予定だった「DREAMS COME TRUE」のツアー中止が15日、公式サイトで発表されたようです

ボーカルの吉田美和(52)がインフルエンザに罹患したため。

 サイトで「本日、吉田美和が体調不良により病院で検査を行った結果、インフルエンザの診断をうけ、やむを得ず中止とさせていただくことになりました」と報告。「広島公演を楽しみにされていたお客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 代金払い戻しなどの手続きについては「17日(土)13時頃にお知らせいたします」としている。

 今冬はインフルエンザが全国で猛威を振るい、厚生労働省などによると、2月に患者数が過去最多を更新。多くの人気アーティストが罹患し、ツアーを中止するケースが相次いでいる。

共通テーマ:音楽
SEO対策テンプレート