So-net無料ブログ作成
検索選択

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

NEWS小山慶一郎 [芸能]

4月からスタートしたジャニーズの人気グループ「NEWS」のツアー「NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(ネバーランド)」が6月11日の東京ドーム公演で終了した。スキャンダルだらけのグループを再生し、立て直したはずのリーダー、小山慶一郎のソロが観客のトイレタイムになるという悲惨な状況だったそうです

ジャニーズ関係者は「ライブ中には4人それぞれソロ曲を歌います。ソロ曲の前にはVTRが流れ、曲が始まるんですが、小山のソロ曲前のVTRが始まると、何とトイレタイムのためか観客がゾロゾロとトイレに移動し始めたんです。ファンは何度もライブを見ていたり、ネットでセットリストを調べたりしているので、どこで小山の曲が流れるのか分かっているのでしょうが、あまりにも悲惨なシーンでしたよ」と明かす

そのソロ曲は昨年死亡した小山の愛猫「ニャン太」のことを歌ったもので、曲名「ニャン太」。「『希望を抱いて生きる』という歌詞があるんですが、その歌詞がファンのトイレタイム化を加速させたんですよ。なんせ、NEWSファンの間では、小山の恋人は元地下アイドルの『太田希望』と断定されてますから。ツアー前もツアー中もNEWSのスキャンダルがいろいろ出たのに、それでもファンはコンサートに来た。そんなNEWS愛のあるファンにとっては『小山はソロタイムの歌詞に彼女の名前をぶっこんで来るのかよ』と激怒ものですよ。しかも、自身のスキャンダルについて、一切、スルーですからね」と語る

小山と言えば3月に“旅館貸切事件”が表沙汰になった。小山が旅館を借り切っての大合コン時の音声がSNSにアップされたり、太田とのツーショット写真や小山のLINEが流出したりとスキャンダルが続いた。NEWS復活立役者のスキャンダル噴出に、ファンの愛は憎しみに変わったのだろう。そして、トイレタイムになってしまったのだ

NWESは2003年、9人グループとしてデビュー。度重なるメンバーの不祥事と脱退。そのためNEWSとしての活動休止状態が続いたこともあった。その後6人で活動をしていたが、2011年にメーンの山下智久、錦戸亮が脱退した。メーンがいなく、脇役キャラの4人だけになったNEWSに世間からは「イチゴのないショートケーキ」「具のないおでん」と言われた

前出関係者は「グループの解散もありかと言われていた。それを小山が『自分がリーダーになってNEWSを盛り上げたい!』と人一倍頑張った。ニュースキャスターとしてお茶の間の知名度を上げ、老若男女に知られるグループにした。さらに、手越祐也は日テレの『イッテQ』、加藤シゲアキは小説家、増田貴久は歌唱力の支柱として、それぞれがNEWSを引き上げ、大きなグループになったんです」と指摘する

一方、手越も数々の女性スキャンダルが発覚。LINEが流出したことで、知り合いにチケットを融通したことも発覚した。さらに福岡の金塊強盗団の1人とのツーショット写真も出た。手越はトラブルキャラとして認知されているうえ、手ツアーで「後で事務所に怒られるだろうけど、ファンが一番大切だから。ごめんね。申し訳ない。あと(金塊強盗について)噂の彼も誰か分からないし、6、7年前だけど一切会ってない。だから、安心してほしい」とファンに直接謝罪した

前出関係者は「小山は誠実そうなキャラを演じ、キャスターでリーダーとして活躍していたのに自分のスキャンダルをスルーした件が強烈にファン離れを招いた。それでも会場を埋めるNEWSファンは温かいですよね」と話したそう

小山も勇気を出して謝罪した方がよかったのではないだろうか

共通テーマ:音楽

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND 手越祐也 [芸能]

人気グループ・NEWSが11日、東京ドームで全国ツアー『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』ファイナル公演を開催。最後のあいさつでは、メンバーの手越祐也がステージ上で号泣、観客を前に感謝の言葉を叫ぶ場面があったようです

 光、水、音、炎と4つのテーマに合わせて演出されたコンサートでは、「EMMA」、「Touch」、「チャンカパーナ」などのヒット曲のほか、メンバーそれぞれがソロ曲を披露。なかでも小山慶一郎は、亡くなった愛猫を思う「ニャン太」を泣きながら歌い、手越祐也はベッドの上でセクシーなパフォーマンスを展開。それぞれが個性あふれる世界を見せた。

 中盤のMCでは、加藤シゲアキが「10周年で、4人で東京ドームに立ったときは感動した。毎年立たせてもらっているけど、当たり前なことじゃない」、増田貴久が「ジャニーズJr.のときにKinKi Kidsのコンサートに出演して、いつかこのステージに立ちたいと思っていた」など、東京ドームについての思い入れを告白。来年がNEWSのデビュー15周年であることにも触れ、小山は「来年に向けて話し合いを重ねています。一緒にお祝いしましょう!」と観客に呼びかけた。

 アンコールでは、GReeeeNが作詞・作曲を手がけた「U R not alone」を歌い、観客も一体となった大合唱を巻き起こしたNEWS。一度ステージを降りながらも、鳴り止まぬ歓声に再び登場すると、手越は衣装のフードを被ってすでに号泣。最後のあいさつでは、「この数週間どん底に落ちました。だけどモチベーションはみんなの笑顔です。いつまでもついてきてください」と語り、マイクを通さずに「ありがとうござました!」と絶叫。途中、膝をついて崩れ落ちながらも、同じく涙をぬぐう小山らメンバーに支えられ、笑顔でステージを去った。

 『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』は全9会場26公演を完走。34万1千人を動員したそうです

共通テーマ:音楽

ATSUSHI [芸能]

米国留学中のEXILEのボーカル、ATSUSHI(37)が10 日、出身地の埼玉・越谷市のイオンレイクタウンで行われた歌手、JAY’ED(35)のアルバム「Here I Stand」(21日発売)の記念イベントに出演した。

 留学前の昨年9月、札幌ドームで行ったソロライブ以来約9カ月ぶりの公の場。10年来の親交があるJAY’EDのアルバムをサウンドプロデュースしており、発売に合わせて一時帰国した。

 トレードマークのサングラス姿で「地元に戻ってまいりました。お久しぶりです、皆さん!」と凱旋に大喜び。近況については、「体重を10キロ増量した。プロテインを食べていて、トレーニングしています」と肉体改造を告白。JAY’EDは「ムキムキですね~」と感嘆の声をあげた。

 ATSUSHIがインストアイベントに登場するのは、2001年のEXILEデビュー初期以来という。4000人のファンが大挙し、2人はアルバム収録曲「ずっと一緒 feat.Duran」で息ピッタリの美声を披露したそうです

共通テーマ:音楽
SEO対策テンプレート