So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

出産祝い [生活]

出産祝い

これいいじゃん



タグ:出産祝い

共通テーマ:妊娠・出産

義理チョコ まとめ買い [生活]

バレンタイン 義理チョコ 友チョコ お配りチョコ まとめ買い




共通テーマ:恋愛・結婚

電気ひざ掛け [生活]


共通テーマ:健康

サンリオ ホルムアルデヒド [生活]

ハローキティなどで知られるサンリオ(東京都)が販売していた子ども向けマニキュアなどから2016年、有害物質「ホルムアルデヒド」が検出されていたことが、関係者への取材でわかった。同種のマニキュアなど約6300本が販売された可能性がある。サンリオは、検出が微量だったなどとして公表していなかった。

 サンリオによると、16年3月、他社の漫画誌などの付録のマニキュアからホルムアルデヒドが検出されたことを受け、在庫商品について自主検査をした。

 その結果、15歳以上が対象の「ハローキティネイルカラー(クリアラメピンク)」と、「ぼんぼんりぼん」やハローキティをモチーフにした子ども用「コスメセット」のマニキュアから、20ppm~70ppm(1ppmは100万分の1)のホルムアルデヒドが検出されたという。商品は16年4月までに6329本が出荷済みで、その後は出荷していないという。

 厚生労働省などによると、ホルムアルデヒドは防腐剤や合成樹脂などに使われ、吸い込むとせきが出たり、触れると皮膚炎を起こしたりする可能性がある。発がん性も指摘されている。同省の「化粧品基準」では化粧品に「配合してはならない」と定め、違反した場合は製造販売業者に回収などの責任がある。配合していないのに検出された場合の基準はない。

 サンリオで検出された商品の製造販売業者は、東京都内の雑貨卸売会社。サンリオはこの会社から商品を仕入れていた。雑貨卸売会社によると、製造時にホルムアルデヒドは配合しておらず、容器も調べたが検出の原因は特定できなかったという。サンリオにも同様の説明をし、商品の自主回収はしなかった。

 サンリオは公表しなかった理由について、取材に「安全性に影響のない範囲との説明を受け当社としても問題ないと判断した」と説明。在庫分は雑貨卸売会社が引き取ったという。

 厚労省医薬品審査管理課は「ホルムアルデヒドは量を問わず化粧品に配合してはならない。商品から検出された際はケース・バイ・ケースだが、原因がわからない場合は製造販売元に回収も含め検討してもらっている」としている

共通テーマ:インテリア・雑貨

instabrella [生活]

自撮りができる晴雨兼用折りたたみ傘



タグ:instabrella

共通テーマ:インテリア・雑貨

算数が 好き・嫌いの分かれ道 [生活]

大人になると「文系」「理系」それぞれ得意分野がはっきりしてきますが、その根本には算数や数学が得意かどうかということがあるのではないでしょうか。一度苦手だと思ってしまうと、なかなか立て直すことが難しい算数。苦手なお子さまがつまずいてしまったポイントとは? 小学1~6年生のお子さまをお持ちの進研ゼミサポーターの皆さまに伺いました。

お子さまは算数が好き? それとも?
まず、お子さまは算数が好きかどうかについて伺いました。

まだ難単元を習っていない低学年のお子さまでは、好き(とても好き+まあ好き)というお子さまが8割以上、また高学年でも7割近くが「好き」という結果に。多くのお子さまは算数に対して嫌な気持ちを持っていないことがわかりました。ということは、お子さまに算数を得意にさせるチャンスがたくさん眠っているのではないでしょうか。

お子さまが算数を好き、嫌いな理由については次のような声が寄せられました。

【好き】
●計算が合っていると楽しいようです(小1・男子)
●図形の問題や文章題を解く時、楽しそうに解いているため(小4・女子)
●答えを求めて、正解すると達成感があるから(小6・男子)

【嫌い】
●計算が面倒くさいから(小3・女子)
●3つの数の足し算や引き算になってから計算に時間がかかるようになって嫌いと言うようになりました(小1・女子)
●何度説明しても計算の仕組みが理解できないでいるから(小5・男子)

どうやら、多くのお子さまは計算をしたり問題を解いたりした時に正解すると喜びを感じ、算数が好きになるようです。反対に、苦手意識のあるお子さまは計算でつまずくことが多い様子。つまずいたかもしれないと思ったら、早め早めの対策がよいのかもしれません。

三角定規とコンパスが鬼門
お子さまの算数の得意、不得意に保護者のかたはどこで気が付いたのでしょうか? 具体的なエピソードを伺いました。

●まだ簡単な足し算・引き算だけなのですが、すらすら計算問題を解けるようになったら、楽しくなったようです(小1・女子)
●三角定規とコンパスが器用に使えず、一時挫折あり(小5・男子)
●お菓子を分けたりする時に、割り算の概念を教えるなどして、小さいころから慣れ親しめるようにしてきました(小2・男子)
●比較的早く九九を覚えることができ、足し算・引き算に比べ、掛け算は簡単だと気付き、そのあたりから、算数の問題を解くのが苦ではなくなり、面白くなってきたようです(小6・男子)
●容積あたりから苦手になっている気がします(小5・男子)

計算からコンパスなどの使い方まで、算数の落とし穴はさまざまなところに潜んでいるようです。もちろん立て直すチャンスもあり、徐々に楽しくなっていくことも。あきらめずにお子さまと一緒に取り組みたいですね

お子さまが「算数が苦手」というかたからは、こんなエピソードも聞かれました。

●筆算が出てきたころ、こんなのよりもよい方法を僕が日本中に広めると言っていました。今は普通に筆算を使っていますが(小2・男子)
●宿題中に泣き出す(小1・女子)
●百の位の問題を初めて見た時、パニックになっていました。隣に座ったら落ち着いたようで、十の位とやり方は同じと気付いてうれしそうにやりはじめました(小2・女子)
●習いごとで何十円かの支払いや自販機での支払いをやらせてみようとしたら嫌がる(小1・女子)

嫌いすぎて泣いたりするお子さまもいたり、違う方法を考えようとするたくましいお子さまもいたり、その時には困っていても、あとで笑い話にできるとよいのではないでしょうか。

時代を超えて、王道の計算ドリルは健在
学校での勉強のほかに、ご家庭でも算数の勉強をすることはよくあることだと思いますが、
家庭では教科書以外の補助教材などは使っているのでしょうか?

算数が「好き・嫌い」の分かれ道は意外な落とし穴
補助教材は利用しましたか?(複数回答)
補助教材は利用しましたか?(複数回答)
やはり、人気の教材は計算ドリル。永遠のスタンダード教材といえますが、一方で計算マシーンやアプリを利用しているかたも多いようで、勉強の仕方はだんだんと変わってきていることがわかります。しかし、繰り返し勉強することが大切だということに変わりはありません。算数好きになって、お子さまの未来が広がるとよいですね。

【アンケートについて】
■調査地域:全国
■調査対象:小学1~6年生のお子さまをお持ちの進研ゼミサポーターのかた
■調査期間:2016年9月26日~2016年10月16日
■有効回答数: 240名

▼進研ゼミサポーター
http://supporter.benesse.co.jp/


※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです

共通テーマ:学校

水垢とりスキージー [生活]

スキージーでサッと水気を切ってピカピカ仕上げ

水だけで水垢汚れがすっきり落ちる




共通テーマ:インテリア・雑貨
SEO対策テンプレート