So-net無料ブログ作成

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

フィット セレナ リコール [車]

タカタ製の欠陥エアバッグ問題で、ホンダと海外の現地法人は27日、5件のリコールを国土交通省へ届け出た。対象は「フィット」など31車種計50万8896台(2000年8月~15年3月製造)で、助手席などのエアバッグが異常破裂する恐れがある。問い合わせは、0120・112・010。

 また、日産自動車も同日、「セレナ」など7車種計49万1345台(08年11月~18年9月製造)のリコールを国交省へ届け出た。国交省によると、電気分配器の回路の製造が不適切だったため、ショートして火災が起きる恐れがある。昨年7~8月にエンジンルームが焼ける火災が4件確認されているという。問い合わせは、0120・315・232。

共通テーマ:自動車

車香 [車]


共通テーマ:自動車

レクサス LC500 LC500h [車]

愛知県豊田市にあるトヨタ元町工場。

この地でトヨタが乗用車を生産するため初めて創業したのは、いまから58年前だ。元町とは、地名であるとともに、クルマ造りの原点を意味する、トヨタにとっての聖地である

その一部が今年1月、大幅改良された。建屋の前には竹を使ったディスプレイがある。建屋に入るための大型シャッターは、レクサスブランドカラーである艶消しブラックが施されている。

中に入ると、そこは純白の世界。小さなゴミがあってもすぐに分かるように、という工場の管理体制の一環であるとともに、ここで働くスタッフたちが“清い気持ち”を持てるようにとの配慮だ。空調からの作動音など、耳障りな音を軽減される施しもした。

見上げると、天井周辺がスッキリとしている。トヨタが「吊りレス」と称するように、通常の自動車工場で見られる上部からの吊下げるタイプの空調ダクトなどがなく、天井が高くなった印象だ。

ここで、レクサスの最高峰クーペ、LC500とLC500hの最終組み立てを行われている。広さにして、約1万平方メートルある。昨年までは、三河地域で生産されている各種トヨタ車のサスペンションの加工・組み立てを行っていたスペースだ。

LC500とLC500hについては、元町工場内でプレス、塗装、ボディ(溶接)、またルーフなどのカーボン部品やその他の樹脂パーツの生産を行い、最後にこの組み立てスペースに車両や部品が運ばれてくる。エンジンは近隣の下山工場から、トランスミッションは愛知県刈谷市にあるトヨタグループ企業のアイシンAWから直接納入されている。

今回の取材では、こうした製造工程のうち、最終組み立てと検査の工程を見たそうです

元町工場では、LC500、LC500h以外に、レクサスではGS、トヨタではクラウン(マジェスタを含む)、マークX、そして燃料電池車のMIRAIを製造している。

その中で、レクサスについては、プレスから組み立てまでの全工程に、レクサス技能師(役職レベルは工長)という8人の匠がいる。匠は自身が所属する部門での全工程の作業を行うことができ、またその作業を教えることができる部門リーダーである。

ただし、一連の作業を見ていると、匠がボス的な役割で周りをグイグイと引っ張っている印象はなく、皆が自分自身の意思で作業にあたっている。

そこには、単なる機械部品を扱っているのではなく、「私は作品を造り上げている」という意識を強く感じた。

つまり、最終組み立て工程の150人、そして検査工程の19人、合わせて169人全員が「レクサスとは何か」「レクサスが目指すものは何か」を意識しながらモノ造りに励んでいる。彼らの視線の先には「この1台が手に届くことを心待ちにしているお客様の顔」がはっきりと見えているのだと思う。

私は過去30数年間に渡り、世界各地で様々な自動車メーカーの製造施設を取材してきた。そうした中、このLC500とLC500hの「白いスペース」には、独特の空気感が流れていると思った。

メルセデスでも、BMWでも、ベントレーでも、ロールスロイスでも、フェラーリでも、ランボルギーニでも、そしてトヨタでもない。レクサスという独自ブランドに対する、働く者たちの気持ちが一体化した空間である。

作品を造り上げるために、部品の設計を吟味し、サプライヤーとの綿密な打ち合わせを行い、そして生産技術の粋を集めて、各工程での作業に対する精度を上げている。

ここは、実に日本人らしいクルマ造り工房である。

こうした製造現場を肌で感じれば、たとえ走らなくても1作品1300万円級の価格に納得がいく。

LC500とLC500h、現在の生産台数は日にあたり48台。最大の生産能力でも、49台まで。土日はライン操業は休みのため、月あたり1000台弱となる。

日本では発売開始1ケ月で1800台を受注したが、これから発売が始まるアメリカなどレクサスの主力マーケットからの受注が増大することは明らかだ。

また、日本国内受注1800台のうち、1000台がLC500で、800台がLC500hという、5対4の割合だ。レクサスは当初、3対7でLC500hが多いと予測していた。なぜなばら、SUVのRXなどではハイブリッド車の比率が高いからだ。

では、どうしてLCはハイブリッド車より通常のガソリン車が人気なのか? ある販売店に訪れた方は、LC500とLC500h、どちらにしようかとても悩んでいたそうだ。決め手となったのは、エンジンスタートボタンを押した瞬間だったという。その方は、5リッターV8の目覚めたサウンドに心を打たれたという。

今回、元町工場で「レクサスが目指すこと」をじっくりと体感できたそうです

共通テーマ:自動車

仏プジョーが独オペルを買収 [車]

 仏自動車大手プジョー・シトロエングループ(PSA)が3日の監査役会で、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の独オペルを買収することを決めたと、欧州の主要メディアが一斉に報じた。週明けの6日に正式発表する見通しだそうです

 仏AFP通信などによると、買収対象にはオペルの英国ブランド「ボクソール」も含まれる。買収によりPSAのグループ販売台数は約430万台となり、欧州の販売シェア(2016年)では仏ルノーを抜き、独フォルクスワーゲンに次ぐ2位になる。買収額は明らかになっていない

 PSAは2月14日、オペル買収の検討を発表した。その後、人員削減の懸念から、オペルやボクソールの工場を持つ独英などの政府が交渉に介入。PSA側は、オペルが約束した雇用の合意を守る方針を説明して理解を求めていたよう

共通テーマ:自動車

日産自動車 再リコール [車]

日産自動車は2月2日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とする再リコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たようです

対象となるのは、日産『キューブ』『エクストレイル』『セフィーロ』『リバティ』『ブルーバード シルフィ』『キャラバン』の6車種で、2000年8月23日から2001年9月6日に製造された2万4646台

助手席側のエアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるそう

全車両、助手席用エアバッグインフレータを対策品に交換する

なお今回の対象車は、2010年6月30日付けでリコールを届け出ているが、改善措置に使用したインフレータに不具合があるとして、再度リコールを届け出る

共通テーマ:自動車

三菱自動車が今期営業黒字へ [車]

三菱自動車は31日、2017年3月期通期の連結業績予想を上方修正したと発表した。営業損益は10億円の黒字(前期は1384億円の黒字)となる見通し。従来は276億円の赤字を見込んでいたが、為替の円安効果に加え、経営効率の改善が寄与するそうです

会見した池谷光司副社長は、営業黒字見通しに転換した理由について、日産自動車<7201.T>との提携開始以降、「採算を重視した経営管理の取り組みを一段と進め、経営効率の改善による収益力強化に努めてきた」と説明。為替の変動を踏まえて採算優先で販売地域を変更したほか、広告宣伝やインセンティブ(販売奨励金)の管理、日産をベンチマークにした購買施策などを実施した効果が表れているという

通期純損益の赤字も従来の2396億円から2020億円に縮小する見通し。前回の通期予想で燃費データ不正関連の損失を多めに織り込んでおり、16年10―12月期に引当金が一部戻ったため。通期の売上高予想は従来の1兆8400億円から1兆8900億円に引き上げた

トランプ大統領の政策に揺れる米国市場に関して、三菱自は15年に米国での生産から撤退しているが、年間10万台規模の販売を継続している。池谷副社長は「米国は重要なマーケット」と指摘し、「いかにボリュームを膨らませるかを考えなければならない」と述べ、あらためて販売からは撤退しない考えを強調。トランプ氏の政策、米国市場の動きを「注視していく」と述べたそうです
タグ:三菱自動車

共通テーマ:自動車

バックカメラ ワイヤレストランスミッター [車]

バックカメラ ワイヤレストランスミッター
これで 配線いらない






共通テーマ:自動車

バックカメラ [車]

安すぎない?

今 ついてるのが 調子悪いので これ買ってみます

ついたら またレビューしますね




共通テーマ:自動車

ホンダ・新型NSX vs ランボルギーニ・アヴェンタドール [車]

ホンダが最新の技術を詰め込んだ究極のスーパースポーツカー「新型NSX」が、いよいよ2017年2月27日に日本で発売される。価格は税込2370万円と、性能のみならずプライスも日本車としてはトップクラスだ

世界中から注目されているこの新型NSXだが、ではもし、さらに高額なスーパーカー「ランボルギーニ・アヴェンタドール」と対決したらどちらが勝つのだろうか?

・スペックでみるとランボルギーニが優勢
冒頭でお伝えした通り、動画内でスピード対決を行うのは、ホンダ(アキュラ)「新型NSX」とランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4 ピレリエディション」である。
まず、ホンダの新型NSXのスペックについてだが、排気量が3.5L、馬力は573HPとなっており、V6ツインターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載しているのが特徴だ。
一方、ランボルギーニのアヴェンタドール LP700-4 ピレリエディションは、排気量が6.5L、馬力は700HP、ターボ無しのV12エンジンを搭載しているモンスターマシン。価格もNSXより圧倒的に高く、4300万円を超える設定となっている

・アヴェンタドールの重厚なエンジン音は必聴
動画を再生すると、それぞれの車の外観のほか、エンジンスタート時のコクピットの様子を見ることが可能だ。45秒あたりでは「ブゥゥゥウウウーーーン!」というアヴェンタドールの重厚なエンジン音を聞くこともできるぞ

https://youtu.be/hUSb8cjECDE


共通テーマ:自動車
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。